【最新2019年】ビジネス雑誌おすすめ人気ランキング11選

インターネット全盛の時代ではありますが、情報を得る手段としてビジネス雑誌はいまだ健在です。

専門の記者がじっくりと取材を重ねて掲載される雑誌の記事にはネットの情報よりも内容が濃く、より旬の情報を捉えることがでます。

そこで、イーコレでは、「しっかりとした知見を身に着けたいとお考えのあなたのために、まずビジネス雑誌の選び方を分かりやすくご説明いたします。

ビジネス雑誌の選び方とは?

ポイント1ー雑誌のジャンルをチェック!

社会人として働く人すべてを対象としているのが一般ビジネス誌です。

一般的には「日経ビジネス」「PRESIDENT」「週刊ダイヤモンド」「週刊東洋経済」が4大ビジネス誌と呼ばれることが多い。

例えば「日経ビジネス」は経済・経営といったトピックスが主となります。若手なら、ちょっと背伸びをした雑誌がおすすめ

ポイント2ー特定のジャンルに特化した業界専門誌

特定のジャンルに特化した業界紙も見逃せない雑誌の一つ。

一般的な人にとってはマニアすぎる話題であっても、それを専門としている人にとっては見逃せない情報で溢れています。

一般的なビジネス雑誌では決して見る事のできない、最新技術や業界の動向などのマニアックな話題です。若手なら、ちょっと背伸びをした雑誌がおすすめ

ポイント3ー若手なら、ちょっと背伸びをした雑誌がおすすめ

これからビジネス誌を読んでみようという若手社員の皆様には、ちょっと背伸びした雑誌をおすすめします。

内容として自分になじまない部分もあるかもしれませんが、それこそが重要なポイント。

ちょっと違う視点を持って仕事について考えてみるのも重要なことです。日経BPから発行されている経済専門の週刊誌

ビジネス雑誌の人気おすすめランキング11選

いよいよここからは、イーコレが自信を持っておすすめするビジネス雑誌を「ビジネス雑誌の人気おすすめランキング11選」と称して、イーコレをご覧のあなたのためにランキング形式でご紹介致します。

11位 徹底予測2019 | None

780円

日経BPから発行されている経済専門の週刊誌

イーコレが厳選した11個のビジネス雑誌から、人気ランキングの第11位にご紹介するのは、こちらの徹底予測2019です。

常に”時代の一歩先”を見通し、注目すべき企業・人物への直接取材をもとに独自の視点で”実践に役立つ情報”を発信し続けています。
明日のビジネスを照らす、先見性と分析力ビジネスの現実と将来への胎動をつかみ、流れのその先を的確に提示すします。

10位 日経情報ストラテジー日経BPマーケティング

1,800円 (税込)

最新のIT技術を知りたいなら

イーコレが厳選した11個のビジネス雑誌から、人気ランキングの第10位にご紹介するのは、こちらの日経情報ストラテジーです。

もはやIT技術無しには生きてゆけない現代社会。そんな時代を生きるビジネスパーソンとして、最新のIT技術に触れておくのは大人の嗜みです。
最先端のIT活用事例や日本版SOX法、CRM(顧客関係管理)やERP(企業資源計画)などに関する記事も多いのが特徴的。

9位 ビジネスガイド日本法令

1,080円 (税込)

労務・人事に特化したビジネス雑誌

イーコレが厳選した11個のビジネス雑誌から、人気ランキングの第9位にご紹介するのは、こちらのビジネスガイドです。

ビジネス雑誌の中でもこちらは労務・人事に特化した一冊。働き方改革が叫ばれる中、日々変わってゆく情勢など、様々な情報が伝わってきます。
ビジネス雑誌の中でもこちらは労務・人事に特化した一冊。

8位 エコノミスト毎日新聞出版

670円 (税込)

バランスに優れたビジネス雑誌

イーコレが厳選した11個のビジネス雑誌から、人気ランキングの第8位にご紹介するのは、こちらのエコノミストです。

経済の話題だけでなく、ビジネスを取り巻く様々な情勢や社会問題についても鋭く切り込むのがエコノミスト。
ビジネスパーソンとして押さえておきたい様々な情報がこの一冊でカバーされます。

7位 週刊東洋経済東洋経済新報社

690円 (税込)

かなり渋めの経済誌

イーコレが厳選した11個のビジネス雑誌から、人気ランキングの第7位にご紹介するのは、こちらの週刊東洋経済です。

ビジネス雑誌と一口に言っても、エンターテイメントよりなものから、渋めなものまで様々ですが、東洋経済はかなり渋めの雑誌の一つ。
経営側、消費者側と様々な視点から経済ニュースを取り上げており、経済的知見を広げるのにはもってこいです。

6位 PRESIDENT WOMANプレジデント社

650円 (税込)

女性向けとはいえ、男性にも気になる話題が盛りだくさん

イーコレが厳選した11個のビジネス雑誌から、人気ランキングの第6位にご紹介するのは、こちらのPRESIDENT WOMANです。

働く女性ならではの視点で、経済・働き方・貯蓄・カルチャーなどなど、幅広い話題に迫っているのがポイント。
基本的には女性読者を意識して書かれた雑誌ではありますが、男性にも役立つ情報が満載です。

5位 PRESIDENTプレジデント社

700円 (税込)

ミドルクラスが気になる話題

イーコレが厳選した11個のビジネス雑誌から、人気ランキングの第5位にご紹介するのは、こちらのPRESIDENTです。

社会に出て10年以上経つとビジネススキルに加えて、様々なことが気になるようになってきます。
そんなミドルクラスが気になる子育て・老後・介護・投資などの話題を紹介しているのが、5位でご紹介するPRESIDENT。

4位 THE21PHP研究所

630円 (税込)

現代をサバイブするためのビジネススキルがここに

イーコレが厳選した11個のビジネス雑誌から、人気ランキングの第4位にご紹介するのは、こちらのTHE21です。

日々変化する情勢や、有り余るほどの情報量、ますます進むグローバル化などなど、ビジネスの状況は大きく変化しました。
そんな現代社会を生き抜けるよう、ビジネスパーソンが一歩先を行くために身につけておきたいスキルを特集しているのがThe 21。

3位 ハーバードビジネスレビューダイヤモンド社

2,060円 (税込)

世界各国のリーダーたちが支持

イーコレが厳選した11個のビジネス雑誌から、人気ランキングの第3位にご紹介するのは、こちらのハーバードビジネスレビューです。

世界の名門である、ハーバード大学の経営大学院。ハーバードビジネスレビューはその名の通り、ハーバードの経営大学院の機関誌として作られていたものです
アカデミックな内容も含むため、さらっと読むのには不適切ですが、しっかりと読み込めば知のベースとなってくれます。

2位 週刊ダイヤモンドダイヤモンド社

740円 (税込)

エンターテイメント性高めのビジネス雑誌

イーコレが厳選した11個のビジネス雑誌から、人気ランキングの第2位にご紹介するのは、こちらの週刊ダイヤモンドです。

ビジネス雑誌の堅い雰囲気が苦手…という人にもおすすめなのが週間ダイヤモンドです。
比較的身近な話題を切り口としているので、内容を理解しやすいのが特徴です。

1位 WIREDプレジデント社

1,200円 (税込)

米国のIT系カルチャーを牽引

イーコレが厳選した11個のビジネス雑誌から、人気ランキングの第1位にご紹介するのは、こちらのWIREDです。

以前にも増して尖った内容が魅力で、経済・政治・カルチャーなどの視点から、ITテクノロジーの未来に迫る姿勢も健在です。
今後どういった展開を見せるのか、どういった発行形態となるのか、不確定要素が多い雑誌です。

ビジネス雑誌についてのまとめ

雑誌とはいえ、読むのには時間もお金もかかりますし、しっかりと読み込むためにはそれなりの労力も必要ですが、けれどそれを続けていればメリットはあります。