【最新2019年】バイク用エンジンオイルおすすめ人気ランキング11選

大切なバイクを長持ちさせたいなら、こだわりたいアイテムです。

バイク用エンジンオイルは、エンジンオイルはコストだけで決めにくく、品質やオイルの種類など自分のバイクに合わせて選ぶ必要があります。

そこで、イーコレでは、「高品質でコスパ抜群なものを探したいとお考えのあなたのために、まずバイク用エンジンオイルの選び方を分かりやすくご説明いたします。

バイク用エンジンオイルの選び方とは?

ポイント1ー使用環境にあった粘度を選ぶ

SAE規格で最初に示されている「10W」「15W」などの数字は、オイル粘度が維持できる寒さを表わしたもので、数字が低いほど寒くてもオイルが固まりにくいことを示しており、一般的には「10W」程度を目安にするのがおすすめです。

数字が小さいほど低温でもエンジンがかかりやすくなるため、冬場に何度程度まで温度が下がる地域なのかも目安にするといいでしょう。

10Wでは-20℃前後、20Wでは-10℃前後まで対応できることを表すため、チェーンを付けてバイクを運転するような過酷な状況でないかぎり、5Wや0Wなど低めの数値は必要ありません。エンジンストロークに合わせた適正オイルを選ぶ

ポイント2ー用途に合わせたベースオイルを選ぶ

通勤通学程度なら、一番コストの安い鉱物油がベースのものを選びたいものですが、コストを抑えられる反面、他のベースオイルに比べると性能が劣りますので、ハードな使い方をせず、定期的にオイル交換するのがおすすめです。

他のベースオイルに比べると一番コストがかかりますが、浸透性・潤滑性・耐熱性が高く、エンジンの能力を最大限発揮させるのに役立ちます。

少しいいオイルが欲しいけど、サーキット走行対応ほど高性能なものは必要ない人にピッタリです。エンジンストロークに合わせた適正オイルを選ぶ

ポイント3ーエンジンストロークに合わせた適正オイルを選ぶ

それぞれのオイルは全くの別物のため、入れ間違えて走行してしまうとエンジンがかからなくなったり、エンジンが焼けついたりする原因にもなります。

自分のバイクに適したエンジンオイルを選ぶためには、品質を示す規格である「JASO規格」を確認してから選ぶことも大事です。

オートマのスクーターなら省燃費性能に優れている「MB」が最適。2STバイクの場合は、FA~FDで品質表示されており、Dが一番上の品質になりますので参考にしてください。中型・大型バイク向けの最大粘度50に対応したオイル

バイク用エンジンオイルの人気おすすめランキング11選

いよいよここからは、イーコレが自信を持っておすすめするバイク用エンジンオイルを「バイク用エンジンオイルの人気おすすめランキング11選」と称して、イーコレをご覧のあなたのためにランキング形式でご紹介致します。

10位 CIRCUIT EsterTechAZMEG-019

3,211円 (税込)

カワサキバイク用に乗っている方用のおすすめ純正オイル

イーコレが厳選した11個のバイク用エンジンオイルから、人気ランキングの第10位にご紹介するのは、こちらのCIRCUIT EsterTechです。

こちらの「R4」は、カワサキのの純正オイルなので安定してエンジンの性能を引き出したい方におすすめです。
10W~40の粘度に対応しているバイクなら利用可能。粘度は少し高めの商品ですが、高温・高回転でも安定してエンジンの性能を引き出してくれる商品です。

9位 R4カワサキ

4,617円 (税込)

数少ない2STバイク向けの貴重なオイル

イーコレが厳選した11個のバイク用エンジンオイルから、人気ランキングの第9位にご紹介するのは、こちらのR4です。

こちらの「CCIS」は、スズキの純正オイルなので安心して利用したい方におすすめです。
JASO規格はFCと高品質で、スズキの純正オイルなので安心して利用できるのも大きなメリット。現在生産されていない2STバイク向けのエンジンオイルです。

8位 CCISスズキHTRC3

686円 (税込)

空冷エンジン向けの一度は使ってみたいエンジンオイル

イーコレが厳選した11個のバイク用エンジンオイルから、人気ランキングの第8位にご紹介するのは、こちらのCCISです。

こちらの「5100」は、高温になった時でも粘度を維持してくれるので空冷エンジンの方に特におすすめです。
化学合成油で品質も良く、安定したバイクのパフォーマンスを引き出したいなら選択肢に入れておきたい商品。レビューでもエンジンの動きもスムーズになると好評です。

7位 5100.0モチュール11204311

1,620円 (税込)

ヤマハの幅広く利用できる高性能エンジンオイル

イーコレが厳選した11個のバイク用エンジンオイルから、人気ランキングの第7位にご紹介するのは、こちらの5100.0です。

こちらの「ヤマルーブ プレミアムシンセティック」は、安定した潤滑性能を維持してくれるので長時間走行する方におすすめです。
コストが高い化学合成油の中でも比較的安価な商品ですので、一度試してみたい人にもおすすめ。通勤利用からツーリングまで幅広く利用できる商品です。

6位 ヤマルーブ プレミアムシンセティックヤマハ90793-32414

4,990円 (税込)

Hondaの250㏄以上ある中型バイク用オイル

イーコレが厳選した11個のバイク用エンジンオイルから、人気ランキングの第6位にご紹介するのは、こちらのヤマルーブ プレミアムシンセティックです。

こちらの「ウルトラ G2」は、純正エンジンに適した設計なので安心して利用したいと考えている方におすすめです。
10W~40と一般的に推奨されている粘度ですので、都心の街中でバイク走行する程度なら心配いらず。「250cc~400cc」の中型免許で乗れるバイクにおすすめのエンジンオイルです。

5位 ウルトラ G2Honda08233-99961 [HTRC3]

728円 (税込)

排気量の高いバイクにおすすめのエンジンオイル

イーコレが厳選した11個のバイク用エンジンオイルから、人気ランキングの第5位にご紹介するのは、こちらのウルトラ G2です。

こちらの「MEO-012」は、MA2対象のエンジンオイルなので排気量の高いバイクをお持ちの方におすすめします。
MA2対象バイクでもサーキット使用に作られているオイルではないため、その場合は他の商品を選ぶ必要がありますが、省燃費性能・耐久性・洗浄性能のどれも高いおすすめ商品です。

4位 MEO-012AZ

1,980円 (税込)

ヤマハ純正のコストパフォーマンスに優れたオイル

イーコレが厳選した11個のバイク用エンジンオイルから、人気ランキングの第4位にご紹介するのは、こちらのMEO-012です。

こちらの「ヤマルーブ プラス」は、ヤマハの純正オイルなのでコスパを重視する方におすすめです。
鉱物油ですが、レビュー評価も高くオイルの質が良いと好評。純正品ということもあり、燃費の向上が期待できる、10W-40の粘度を持ったヤマハの純正オイルです。

3位 ヤマルーブ プラスヤマハ90793-32148 [HTRC3]

868円 (税込)

通勤通学用50cc~125㏄スクーター向けオイル

イーコレが厳選した11個のバイク用エンジンオイルから、人気ランキングの第3位にご紹介するのは、こちらのヤマルーブ プラスです。

こちらの「ウルトラ E1」は、勤通学用に適しているのでコストを抑えてエンジンオイルの交換をしたい方におすすめです。
ultraオイルはHondaのエンジン用に開発されているので、JASO規格はMBでスクーター用途で使う方に。コストを抑えてエンジンオイルの交換をしたい人にはピッタリですね。

2位 ウルトラ E1Honda08211-99961 [HTRC3]

631円 (税込)

Amazonベストセラーのバイク性能を引き出すオイル

イーコレが厳選した11個のバイク用エンジンオイルから、人気ランキングの第2位にご紹介するのは、こちらのウルトラ E1です。

こちらの「POWER1」は、ベースオイルは部分合成油ですので幅広い用途で使用したい方におすすめです。
ベースオイルは、部分合成油ですので通勤通学以外にも使用したい人にピッタリ。Amazonに掲載されているレビュー数は580件以上と非常に多く、自分と同じ車種に入れている人を探すのに役立ちます。

1位 POWER1カストロール

1,440円 (税込)

None

イーコレが厳選した11個のバイク用エンジンオイルから、人気ランキングの第1位にご紹介するのは、こちらのPOWER1です。

こちらの「」は、
None

バイク用エンジンオイルについてのまとめ

改めてポイントですが、自分のバイクに利用できるものか、適正品は指定されていないのか、さらにオイルベースや粘度が重要です。いろいろと検討して自分のバイクに合ったエンジンオイルを見つけてください!