【最新2019年】国産ステーションワゴンおすすめ人気ランキング11選

種類としては少ないながら、積載量や走行性能に優れる「国産ステーションワゴン」。

トヨタ・ホンダ・スバル・マツダから、荷物を多く積む方や、取り回しなど色々な特徴があります。

そこで、イーコレでは、「積載量や走行性能に優れた車に乗りたいとお考えのあなたのために、まず国産ステーションワゴンの選び方を分かりやすくご説明いたします。

国産ステーションワゴンの選び方とは?

ポイント1ーまずはサイズをチェック

「小回りが利く」「狭い道でも余裕を持って運転できる」など、優れた取り回しの良さを求めるなら、迷わずコンパクトタイプを選びましょう。

走りの楽しさを追求したいなら、「レヴォーグ」がおすすめです。

プリウスα」は、走りよりも燃費の良さを求める方におすすめで、燃費26.2km/Lはさすがです。こだわりポイントも確認しよう!

ポイント2ー長距離運転ならラージタイプが安心

ダイナミックな運転が得意で、長距離運転をよくするという方には、ラージタイプがおすすめです。

ラージタイプはステーションワゴンの中で最も車体が大きく、安定感があり、居住性が高いのが特徴です。

国産ステーションワゴンの中で唯一のディーゼルエンジンを採用しており、その点でも長距離運転に適していると言えます。こだわりポイントも確認しよう!

ポイント3ーこだわりポイントも確認しよう!

毎日の通勤やお仕事中に国産ステーションワゴンを使うなら、燃費の良さは最も気になるポイントです。

やはりどうせ選ぶなら、荷室容量の多いステーションワゴンがいいですね。

そのメリットを最大限に活かすには、やはり視認性が良いかどうかは重要です。None

国産ステーションワゴンの人気おすすめランキング11選

いよいよここからは、イーコレが自信を持っておすすめする国産ステーションワゴンを「国産ステーションワゴンの人気おすすめランキング11選」と称して、イーコレをご覧のあなたのためにランキング形式でご紹介致します。

5位 プリウスαトヨタ

3,259,440円 (税別)

セダンタイプのプリウスではちょっと物足りなかった方におすすめ

イーコレが厳選した11個の国産ステーションワゴンから、人気ランキングの第5位にご紹介するのは、こちらのプリウスαです。

プリウスαは、荷物がたくさん積める燃費の良いステーションワゴンです。
セダンタイプではちょっと物足りなかった部分を補う、ベストなサイズ感に調整しています。

4位 アテンザワゴンマツダ

3,240,000円 (税別)

パワフルで滑らかな走りなのに、燃費は最高!

イーコレが厳選した11個の国産ステーションワゴンから、人気ランキングの第4位にご紹介するのは、こちらのアテンザワゴンです。

国産ステーションワゴンの中でもパワフルな走りを実現してくれるのが、マツダの「アテンザワゴン」です。
2.2Lのディーゼルターボエンジンを備え、2000回転で最大トルクを発生するので、軽く踏み込んだだけで滑らかに加速してくれます。

3位 レヴォーグスバル

2,850,000円 (税別)

気持ちいい走りを実感できる日本向けのステーションワゴン

イーコレが厳選した11個の国産ステーションワゴンから、人気ランキングの第3位にご紹介するのは、こちらのレヴォーグです。

レガシィツーリングワゴンの後継車として、日本向けに作られた「レヴォーグ」がオススメです。
ミドルサイズながらも、取り回しのしやすいサイズ感で、日本の細い山道も走りやすい設計になっています。

2位 シャトル HYBRIDホンダ

2,139,000円 (税別)

収納力抜群の「シャトル」は売れ筋のHYBRID Xを狙う!

イーコレが厳選した11個の国産ステーションワゴンから、人気ランキングの第2位にご紹介するのは、こちらのシャトル HYBRIDです。

コンパクトタイプなのに収納力抜群の「シャトル」で、日本の狭い道も運転しやすいのが特徴です。
荷物もたくさん積めるシャトルは、ステーションワゴンカテゴリの中で間違いなくおすすめできる車です。

1位 カローラフィールダー HYBRIDトヨタ

2,176,000円 (税別)

車体が安定して走りやすいカローラフィールダー

イーコレが厳選した11個の国産ステーションワゴンから、人気ランキングの第1位にご紹介するのは、こちらのカローラフィールダー HYBRIDです。

シャトルよりも車高がわずかに低く、走りも安定しており、どんな方にもおすすめできるのがカローラフィールダーです。
外観も現在トヨタがグローバル車に採用しているキーンルックを取り入れて、野暮ったい印象を払拭しています。

国産ステーションワゴンについてのまとめ

国産ステーションワゴンは種類自体がとても少なく、日本ではいまいち押され気味ですが、使い勝手のよく、荷物を積み込めて、走行性も良く、運転しやすいステーションワゴンを手に入れてください。