【最新2019年】シクロクロスバイクおすすめ人気ランキング11選

障害物が設置されたオフロードコースを走る「シクロクロス」。

シクロクロスバイク」は、安定感があることから街中での走行にもおすすめできると人気を集めています。

そこで、イーコレでは、「タイヤの性能が良い、安定した走行がしたいとお考えのあなたのために、まずシクロクロスバイクの選び方を分かりやすくご説明いたします。

目次

シクロクロスバイクの選び方とは?

ポイント1ーニーズに合うメーカーはどこ?

ビアンキは1885年にイタリアで創業した、老舗の総合自転車メーカーです。

高いアルミフレームの製造技術を用いているにも関わらず、リーズナブルなシクロクロスバイクを製造していること。

サイズ感を重視したい方には、アンカーのシクロクロスバイクがおすすめ。街乗り中心なら「ディスクブレーキ」

ポイント2ータイヤの太さもチェック

シクロクロスバイクの良さは、ロードバイクなどと比べるとタイヤが太く、そのため安定性が高まるところにあります。

安定性の高い走りを求めるなら、前述の範囲の中でも、太めのタイヤを選ぶことがおすすめ。

細いタイヤは、タイヤ内の空気圧を高めることができるため、軽い走りを楽しむことができます。街乗り中心なら「ディスクブレーキ」

ポイント3ー街乗り中心なら「ディスクブレーキ」

街乗り中心ならディスクブレーキがおすすめで、ディスクブレーキは、雨で濡れた路面や坂道などでも、高い制動力があるブレーキです。

障害物などが多い街乗りには、高い制動力はかかせません。

デメリットは、カンチブレーキと比較するとやや値段が高くなってしまうこと。普段用からツーリングまでこなせるミドルクラスロードバイク

シクロクロスバイクの人気おすすめランキング11選

いよいよここからは、イーコレが自信を持っておすすめするシクロクロスバイクを「シクロクロスバイクの人気おすすめランキング11選」と称して、イーコレをご覧のあなたのためにランキング形式でご紹介致します。

11位 ロードバイク 700C シマノ21段変速 CAR-015(UARNOS) アルミフレーム フロントLEDライト付 [メーカー保証1年] | カノーバー(CANOVER)

33,647円

普段用からツーリングまでこなせるミドルクラスロードバイク

イーコレが厳選した11個のシクロクロスバイクから、人気ランキングの第11位にご紹介するのは、こちらのロードバイク 700C シマノ21段変速 CAR-015(UARNOS) アルミフレーム フロントLEDライト付 [メーカー保証1年]です。

軽快で瞬時に切り替わる変速性能が特徴の「シマノ7 スピードリアディレーラー」を採用しています。
700×28C のタイヤは程良いクッション性を持ち、地面の段差を吸収し、高速走行をサポート。

10位 ロードバイク 700C シマノ21段変速[サムシフター] 2WAYブレーキシステム搭載 フレームサイズ470 Grandir Sensitive ホワイト [470] | Grandir(グランディール)

21,980円

フロント3段 リア7段のシマノ製21段変速はオールシーン対応し、軽量でコンパクトなカットアウトサドルを搭載しています。

イーコレが厳選した11個のシクロクロスバイクから、人気ランキングの第10位にご紹介するのは、こちらのロードバイク 700C シマノ21段変速[サムシフター] 2WAYブレーキシステム搭載 フレームサイズ470 Grandir Sensitive ホワイト [470]です。

フロント3段、リア7段のシマノ製21段変速はオールシーンに対応します。
ブレーキタイプはフラット/ロードの乗車姿勢どちらでもブレーキングが可能な2wayシステムを採用。

9位 700Cロードバイク クロモリフレーム シマノ14段変速 デュアルコントロールレバー採用 ZNX-7014 25569 | ネクスタイル(Nextyle)

35,339円

NEXTYLE ZNX-7014ロードバイクのエントリーユーザーにおすすめの一台です。

イーコレが厳選した11個のシクロクロスバイクから、人気ランキングの第9位にご紹介するのは、こちらの700Cロードバイク クロモリフレーム シマノ14段変速 デュアルコントロールレバー採用 ZNX-7014 25569です。

クロモリ(クロムモリブデン鋼)を使用したフレームを採用しています。
変速時にブレーキレバーから手を離す必要がないため、ロードバイク初心者でも乗れる仕様です。

8位 スポーツバイク 700C シマノ14段変速 超軽量高炭素鋼フレーム ライトのプレゼント付き クロスバイク ドロップハンドル 自転車 PL保険加入 SF-01 | SD STORE

22,900円

クイックレリーズレバーで簡単に前輪を取り外しすることができます。

イーコレが厳選した11個のシクロクロスバイクから、人気ランキングの第8位にご紹介するのは、こちらのスポーツバイク 700C シマノ14段変速 超軽量高炭素鋼フレーム ライトのプレゼント付き クロスバイク ドロップハンドル 自転車 PL保険加入 SF-01です。

長時間の走行でも心地よさをサポートし、通勤、通学にもサイテキなロードバイクです。
クイックレリーズブランクを採用。工具を使わずに簡単にサドルを調整できる。女性でもラクラク乗ることができます。

7位 シクロクロスバイク FEATHER CX+フジ(FUJI)

109,094円 (税込)

クロモリフレームを搭載したシクロクロスバイク

イーコレが厳選した11個のシクロクロスバイクから、人気ランキングの第7位にご紹介するのは、こちらのシクロクロスバイク FEATHER CX+です。

日本発祥ブランドで、現在は海外を拠点に、世界のレースチームに機材の提供を行う実績あるメーカーです。
そんなフジがさまざまな用途に対応可能な設計で製造したのが、この「FEATHER CX+」。

6位 シクノクロスバイク A1-R CX105コルナゴ(COLNAGO)

199,800円 (税込)

長い期間、安定感あるパフォーマンスを発揮

イーコレが厳選した11個のシクロクロスバイクから、人気ランキングの第6位にご紹介するのは、こちらのシクノクロスバイク A1-R CX105です。

全体の品質が高く、長期にわたり安定感あるパフォーマンスを実現してくれる設計のシクロクロスバイク。
軽量で、しかも剛性の高いアルミフレームを使用しています。

5位 シクロクロスバイク 400メリダ(MERIDA)

118,800円 (税込)

最先端のテクノロジーを搭載したモデル。レースでも街乗りでも

イーコレが厳選した11個のシクロクロスバイクから、人気ランキングの第5位にご紹介するのは、こちらのシクロクロスバイク 400です。

1988年に自社ブランドを立ち上げ、今では数多くのプロチームに携わり、戦績をあげているメーカーです。
とはいえ、泥に対してはケーブルを内装することで性能を高めているため、もちろん通勤や通学などでも大活躍間違いなし。

4位 シクロクロスバイク PURE DROPジオス(GIOS)

87,900円 (税込)

マルチ設計でさまざまな用途使いができて◎

イーコレが厳選した11個のシクロクロスバイクから、人気ランキングの第4位にご紹介するのは、こちらのシクロクロスバイク PURE DROPです。

ジオスは、「ジオスブルー」とも呼ばれる鮮やかなブルーがトレードマークのブランドです。
そんなジオスのPURE DROPは、軽量アルミフレームで作られています。

3位 シクロクロスバイク SUPERX APEX1キャノンデール(CANNONDALE)

None

アルミ加工技術の高さによって、高性能な逸品に

イーコレが厳選した11個のシクロクロスバイクから、人気ランキングの第3位にご紹介するのは、こちらのシクロクロスバイク SUPERX APEX1です。

キャノンデールの特徴である、アルミ加工技術が光るシクロクロスバイクです。
超軽量で振動吸収も優秀、安定感や爆発的な加速性もあるなど、嬉しい機能が、ふんだんに搭載されています。

2位 シクロクロスバイク CX6D EQUIPEアンカー(ANCHOR)

237,600円 (税込)

自分だけのオリジナルの1台を作ろう!

イーコレが厳選した11個のシクロクロスバイクから、人気ランキングの第2位にご紹介するのは、こちらのシクロクロスバイク CX6D EQUIPEです。

東洋人の体型に合うモデルを開発しているアンカーです。
こちらはフレームのカラースタイルなどを自分好みにカスタマイズできるという、キメの細かい仕様です。

1位 シクロクロスバイク ZURIGO APEXビアンキ(Bianchi)

183,600円 (税込)

2019年最新モデル。街でもレースでもOKな万能さが嬉しい

イーコレが厳選した11個のシクロクロスバイクから、人気ランキングの第1位にご紹介するのは、こちらのシクロクロスバイク ZURIGO APEXです。

ビアンキといえばチェレステカラーが有名ですが、あえてのシックなマットブラック仕様です。
肩への担ぎやすさにこだわり、トップチューブの後ろは平らになるように加工されているという、細やかな気遣いも抜群です。

シクロクロスバイクについてのまとめ

シクロクロスバイクはオフロードレースに特化していると思われがちですが、悪路を難なく走れる車体は、街中でも抜群の安定感を発揮してくれます。