【徹底比較】ツーバーナー おすすめ人気ランキング11選【アウトドアコンロ・バーナー】|イーコレ

ツーバーナーの選び方や、おすすめのツーバーナーを人気ランキング形式で紹介します。様々なサイトやSNS等かツーバーナーの口コミや評価を集め、アウトドアコンロ・バーナーの専門家や有名インフルエンサーへのインタビューも行いました。

「ツーバーナー」は、キャンプでの料理に重宝するアウトドアグッズですキャンプでのお楽しみの一つである料理をバラエティ豊かなものにしてくれます。イーコレは今回、ツーバーナーに着目し、アウトドアコンロ・バーナーに詳しい有名専門家・人気インフルエンサーへのインタビューや、あらゆる口コミや評判の比較を行いました。この記事では、ツーバーナーの選び方をポイント別に分かりやすく解説し、数あるツーバーナーの中でも、特におすすめのツーバーナーをランキング形式で11個紹介します。アウトドアのトピックに関心をお持ちの方や、アウトドアコンロ・バーナーについてお悩みの方は、是非この記事を参考になさってください。

ねも

モデル

ファッション・グルメ探究大好きモデル。女の子が人生を思いっきり楽しむための情報を発信する。常識の枠にとらわれず、踏み込んだ発言をすることでも世間の注目を集めている。美容だけでなく、車、茶道、ゴルフにも詳しい。

あなただけにおすすめの超人気アイテムはこちら!

人気1位

87万個が完売!30代以上の99.5%が愛用する実力派サプリメント。

ヴィーナスプラセンタEX

人気2位

ニキビをゼロに!有名モデルも絶賛した『美』追求型のアプローチ。

Dewte(デューテ)

人気3位

『透明肌』を実現したい!「幹細胞エキス」でキメの整ったなめらか肌へ。

BIHAKU

目次

【ツーバーナーの選び方】専門家もおすすめする3つのポイントをご紹介!

ツーバーナーのおすすめな選び方【1】使用する季節や頻度にあわせた燃料で選ぶこと

ツーバーナーの選び方として、イーコレがおすすめする1つ目のポイントは「使用する季節や頻度にあわせた燃料で選ぶこと」です。

厳寒期や寒冷地で使う場合は気温が低くとも安定した火力を維持できるガソリン式がおすすめです。

アウトドアで使用する機会が少ない方にはOD缶というガス缶タイプが準備や始末も必要ないのでおすすめ。
OD缶タイプは手軽さが魅力ですが、1本あたりの価格が高いので、頻繁に使う場合は避けましょう。

ツーバーナーのおすすめな選び方【2】3000kcal/h以上の火力のものを選ぶこと

ツーバーナーの選び方として、イーコレがおすすめする2つ目のポイントは「3000kcal/h以上の火力のものを選ぶこと」です。

ツーバーナーの魅力は火力の強さなので、大きな鍋料理などをしたい場合は3000kcal/h以上のものがおすすめです。

メインコンロとサブコンロで最大火力が異なるモデルもあるので、注意しましょう。

火力が強いほど幅広い料理が楽しめるので、こだわって選びたいポイントですね。

ツーバーナーのおすすめな選び方【3】携帯性や手入れの簡単さで選ぶ

ツーバーナーの選び方として、イーコレがおすすめする3つ目のポイントは「携帯性や手入れの簡単さで選ぶ」です。

アウトドアではなるべく荷物を減らしたいので、収納した状態のサイズと本体重量が少ないものがおすすめです。

錆に強いステンレスやアルミ、本体にフッ素加工などの塗装が施されたものはお手入れも簡単です。
使用回数が増えるほどちょっとした手間が気になってきますので、チェックしておきましょう。

あなたにオススメのアイテム

FAVORIX GROUP(フェイバリックスグループ)

ツーバーナーのおすすめ人気ランキング11選【アウトドアコンロ・バーナーの超人気アイテムはコレ!】

ここまで、ツーバーナーの選び方をポイント別に説明しました。一方、ツーバーナーに限らず、アウトドアコンロ・バーナーについてネット上には非常に多くの情報があふれていて、いざ選ぶ段階になると迷ってしまうかもしれません。
そこで、アウトドアのトピックに関心をお持ちの皆さんのために、イーコレは今回、さまざまな比較サイト・SNSの調査や、あらゆる口コミ・評価の収集を行い、アウトドアに詳しい専門家やインフルエンサーが選ぶ、いま本当におすすめのツーバーナーを厳選しました。
ここからは、イーコレが自信を持っておすすめするツーバーナーを人気ランキング形式で紹介します。ツーバーナーをお選びの際は必ず参考になさってください。

11位

カセットボンベが使えるスタイリッシュな2口コンロ

イーコレが厳選した11個の「ツーバーナー」から、人気ランキングの第11位にご紹介するのは、こちらの「」です。こちらのツーバーナーは、ホワイトガソリンと比べ火器としての取り扱いが容易なので本体が軽く女性でも持ち運びやすい物をとお考えの方におすすめです。ホワイトガソリンと比べ火器としての取り扱いが容易なので本体が軽く女性でも持ち運びやすい物をとお考えの方におすすめです。安価で入手しやすいカセットボンベを使って、自宅にいるかのごとく2口同時に調理できるツーバーナーでバーベキュー以外のレパートリーを増やすことができます。風防が3方向についており横風に強く、片づけるときはサッと拭くだけでキレイになりますし炭火を使ったバーベキューコンロと比べ、ガスコンロは火力の強弱調整も自由自在です。

10位

カセットコンロの定番メーカーが作るアウトドア用カセットバーナー

  • イワタニCB-MVS-2
  • カセットフー マーベラスII
  • 19,800円 (税込)

イーコレが厳選した11個の「ツーバーナー」から、人気ランキングの第10位にご紹介するのは、こちらの「カセットフー マーベラスII」です。こちらのツーバーナーは、多孔式バーナーやヒートパネルのおかげで火力の安定感は確かなので強い火力と安定性を求めたいとお考えの方におすすめです。イワタニのマーベラス2は、コンロが一口しかないためそもそもシングルバーナーなのですが、アウトドア用バーナーとして非常に人気の高いモデルで番外編的な位置づけでご紹介します。本格的なツーバーナーを用意するほどではないけれど、アウトドアシーンで強めの火力が欲しいという方は検討してみてはいかがでしょうか。

あなたにオススメのアイテム

FAVORIX GROUP(フェイバリックスグループ)

9位

液出しタイプで火力が安定するハイグレードモデル

  • スノーピークGS230
  • ギガパワーツーバーナー液出し
  • 47,300円 (税込)

イーコレが厳選した11個の「ツーバーナー」から、人気ランキングの第9位にご紹介するのは、こちらの「ギガパワーツーバーナー液出し」です。こちらのツーバーナーは、専用のガス缶から液体のままガスを供給するのでロップダウンを防ぐことができるとお考えの方におすすめです。スノーピークのギガパワーツーバーナー液出しタイプは、専用のガス缶から液体のままガスを供給するので、長時間使用時にありがちなドロップダウンを防ぐことができます。いかんせん本体価格が高く、専用カートリッジを使用するためランニングコストもそれなりにかかりますのでスノーピークブランドにこだわりがあるという方でなければ、わざわざ選ぶ理由はあまりないかもしれませんね。

8位

風防なしのシンプル設計、専用ケースで持ち運びもラクラク

  • プリムスP-NJ-2
  • ニョルド・ツーバーナー
  • 11,448円 (税込)

イーコレが厳選した11個の「ツーバーナー」から、人気ランキングの第8位にご紹介するのは、こちらの「ニョルド・ツーバーナー」です。こちらのツーバーナーは、非常にシンプルなデザインが特徴なので収納スペースにも困りたくないとお考えの方におすすめです。プリムスのニョルドは、見た目通り非常にシンプルなデザインが特徴で大型のバーナーにがっしりとした五徳を合わせただけの設計なので、持ち運びはもちろん収納スペースにも困りません。ただやはり風防対策が一切ないというのが致命的ですが使用状況は限定されるものの、1.8㎏という本体重量は非常にお手軽です。

あなたにオススメのアイテム

FAVORIX GROUP(フェイバリックスグループ)

7位

導入コストを抑えるお手頃価格、メラニン塗装で耐久性も

  • キャプテンスタッグM-8249
  • ステイジャーコンパクトガスバーナーコンロ
  • 10,603円 (税込)

イーコレが厳選した11個の「ツーバーナー」から、人気ランキングの第7位にご紹介するのは、こちらの「ステイジャーコンパクトガスバーナーコンロ」です。こちらのツーバーナーは、メラニン塗装で耐久性も高いツーバーナーなのですぐに壊れるものはいらないとお考えの方におすすめです。キャプテンスタッグのステイジャーコンパクトガスバーナーコンロは、お手頃価格でありながらメラニン塗装で耐久性も高いツーバーナーで未使用時はトランク型に収納できるので、携帯性も決して悪くありませんよ。難点はガス缶カートリッジに専用のものが必要という点で導入コストは安いですがランニングコストはかかるため、頻繁にアウトドアで使用する予定のある方は注意した方が良いでしょうね。

6位

個性的な独特の形状、温かみのあるウッドボードも付属

  • プリムスP-COJ
  • オンジャ
  • 21,600円 (税込)

イーコレが厳選した11個の「ツーバーナー」から、人気ランキングの第6位にご紹介するのは、こちらの「オンジャ」です。こちらのツーバーナーは、超高火力のツーバーナーなのでアウトドアでも料理の幅を広げたいとお考えの方におすすめです。他のツーバーナーとは一線を画すスタイリッシュデザインが印象的な、プリムスのオンジャで火力も最大3500kcal/hと申し分なく、収納すれば肩掛けベルトで思いのほか気軽に持ち運ぶこともできますよ。ちょっとした鍋敷きに使えるウッドボードが付属しているというのも嬉しいポイントでアウトドアの用意が万全な方にとってはかえって邪魔になってしまうかもしれませんので、要不要の判断はお手持ちの道具と相談してくださいよ。

5位

スノーピークブランドのスタンダードタイプ

  • スノーピークGS220
  • ギガパワーツーバーナースタンダード
  • 36,504円 (税込)

イーコレが厳選した11個の「ツーバーナー」から、人気ランキングの第5位にご紹介するのは、こちらの「ギガパワーツーバーナースタンダード」です。こちらのツーバーナーは、全体にフッ素加工が施されているので使用後の手入れなどが面倒とお考えの方におすすめです。見た目がコロンとしていて持ちやすく、見ているだけでほっこりします二段構造になっているので保温・保冷効果もしっかりしています。屋外でも安心ですね。

4位

2本のボンベから燃料供給、ドロップダウンを防止して安定火力

  • ソトST-525
  • ハイパワー2バーナー
  • 12,800円 (税込)

イーコレが厳選した11個の「ツーバーナー」から、人気ランキングの第4位にご紹介するのは、こちらの「ハイパワー2バーナー」です。こちらのツーバーナーは、常に2本のガスボンベから燃料を供給するのでドロップダウンが起きるのがいやとお考えの方におすすめです。ソトのハイパワー2バーナーは、常に2本のガスボンベから燃料を供給することで火力を安定させる「ガスシンクロナスシステム」を採用したモデル。ただ常時2本使用することになるので、ランニングコスト的には純正を使用するOD缶とあまり変わりないかもしれませんがよりコスパを高めたい方は別売りのパワーブースターを取り付けると、カートリッジを最後まで使い切ることができます。

あなたにオススメのアイテム

FAVORIX GROUP(フェイバリックスグループ)

3位

定番中の定番、低コストながら合計7000kcal/hの高火力

  • コールマン2000021950
  • パワーハウスLPツーバーナーストーブ2
  • 8,874円 (税込)

イーコレが厳選した11個の「ツーバーナー」から、人気ランキングの第3位にご紹介するのは、こちらの「パワーハウスLPツーバーナーストーブ2」です。こちらのツーバーナーは、性能の割に重量も4kgと控え目なので火力と機能性を両立させたいとお考えの方におすすめです。アウトドア用品の定番、コールマンのツーバーナーで最高火力は2口とも3500kcal/hと高く、性能の割に重量も4kgと控え目なので携帯性もそう悪くありません。ただ専用のカートリッジが必要になるため、この他にもコールマン製品を持っているという方ならばともかく、ツーバーナーだけコールマン製品を使うとなるとやはりランニングコストが気になりますので本体価格もお手ごろなので、思い切ってキャンプ道具一式買い換えを検討してみるのも悪くないかもしれません。

2位

ガソリン式で低ランニングコスト&安定火力

  • コールマン413H499J
  • パワーハウスツーバーナー
  • 27,168円 (税込)

イーコレが厳選した11個の「ツーバーナー」から、人気ランキングの第2位にご紹介するのは、こちらの「パワーハウスツーバーナー」です。こちらのツーバーナーは、ガソリン式なので冬季の使用も問題なく使えるので火力が安定しないものはいやとお考えの方におすすめです。コールマンのパワーハウスツーバーナーは、今回ご紹介する中で唯一のガソリン式ツーバーナーでガソリン式のバーナーはCB缶タイプに比べて導入コストがかかってしまうのが難点で、このモデルは手の届く範囲に収まっているのがまず大きな魅力。ガソリン式なので冬季の使用も問題なく、火力が安定しないということもありませんし最大火力も3650kcal/hと高めなので、火力不足で悩まされることもないでしょう。

1位

アルミフレームで軽量&高耐久、パワーブースターでガス缶を無駄なく使える

  • ユニフレームUS-1900
  • ツインバーナー
  • 21,600円 (税込)

イーコレが厳選した11個の「ツーバーナー」から、人気ランキングの第1位にご紹介するのは、こちらの「ツインバーナー」です。こちらのツーバーナーは、ユニフレームのツインバーナーなので最大3900kcal/hという火力の高さが魅力とお考えの方におすすめです。ユニフレームのツインバーナーは、パワーブースターを標準装備しながら最大3900kcal/hという火力の高さが魅力で輝くアルミのボディもスタイリッシュでかっこよく、軽量でありながら耐久性も確保していますよ。使用燃料もCB缶なのでランニングコストも抑えられ、厳寒期などには向きませんが間違いなくトップクラスのツーバーナーと言える仕上がり。

ツーバーナーのまとめ

以上、この記事では、ツーバーナーに興味をお持ちのあなたに向けて、ツーバーナーの選び方やおすすめのツーバーナーを紹介しました。ツーバーナーについて、あなたが欲しかった情報は得られたでしょうか。アウトドアコンロ・バーナーには数多くの種類があるため、アウトドアに関するトピックに興味をお持ちの方は、ツーバーナーだけでなく、アウトドアコンロ・バーナーに関する情報を幅広くチェックするのをおすすめします。製品によって長所が異なるので、どの部分に重きを置くのかを予め明確にしておくと選びやすくなりますよ。

FAVORIX GROUP(フェイバリックスグループ)

関連記事

アウトドアコンロ・バーナーの人気記事ランキング

    まだデータがありません。

ランキング一覧を見る

カテゴリ一覧

FAVORIX GROUP(フェイバリックスグループ) FAVORIX GROUP(フェイバリックスグループ)
アウトドアコンロ・バーナーの人気記事ランキング

    まだデータがありません。

アウトドアコンロ・バーナーの記事一覧を見る
人気のカテゴリ
いま話題のインフルエンサー
インフルエンサー一覧を見る
FAVORIX GROUP(フェイバリックスグループ)
カテゴリ一覧
FAVORIX GROUP(フェイバリックスグループ)