e-colle

ボディータオルのおすすめ人気ランキング11選

カレンダー 2020.04.21

ボディータオルのおすすめ人気ランキング11選

毎日お風呂で使うボディタオルですが、どんなものをお使いですか?人によって好みは様々であるため、材質・硬さ・大きさなど、本当にたくさんのバリエーションが販売されていて、より取り見取りとなっています。
そこで今回は、「肌が弱いからやわらかいものにしよう」とか「普段のボディータオルではなんだか物足りないから硬いものにしてみよう」といったいろいろなニーズに合わせて選べるボディタオルのランキングをまとめてみました。

この記事を紹介する人

ボディータオルのおすすめ人気ランキング11選
クリエイター
e-colle編集部

本記事ではボディータオルの選び方から、アンケート結果を元にしたおすすめランキングを紹介していきます!

ボディータオルは必要かどうか

ボディータオルは、その名前の通り、お風呂で体を洗うときに使うタオルです。
人によってはタオルを使わずに手で洗うということもあれば、ボディースポンジなどの別アイテムを使う場合も考えられます。

しかし、ボディタオルは自分の手が届きづらいところも気持ちよく洗うことができますし、やわらかい素材からかたい素材まで幅広いラインナップがあります。
自分にとってベストなボディタオルを見つけることができれば、バスタイムが非常に快適なものになります。

つまり、毎日のバスタイムのクオリティをアップさせ、快適な毎日を送るためには、ボディータオルは必須だと言えるのです。

お肌と相性の良い素材を選ぶ

ナイロンやポリエステルといった合成繊維をはじめ、綿やシルクなど、ボディータオルの素材にはいろいろなものがあります。
ここで大切なのは、自分のお肌と相性の良い素材でできたボディータオルを選ぶことです。

お風呂で湯船につかることで、体の皮膚はふやけてやわらかくなりますから、固いタオルでゴシゴシ洗いすぎると、皮膚が弱い人の場合は肌に深刻なダメージを与え、肌トラブルを引き起こしてしまいます。

せっかくいろいろなラインナップがあるボディータオルなのですから、この記事を参考にして自分にとってベストなボディータオルを是非見つけてください。

タオルの形状で選ぶ【タオル・スポンジ・ミトン・ブラシなど】

ボディータオルの他に、手の届く範囲を洗いやすいボディースポンジやボディーミトン、背中やかかとのケアに使用できるボディーブラシなどもあります。
基本的にボディータオルがオールマイティで幅広く利用できますが、「背中を特別強くこすりたい!」とか「脇のにおいが気になるから、特に優しく丁寧に洗いたい」というような希望があるならば、いろいろな形状のものを試してみることもオススメです。

100㎝を目安に、身体に合った長さを選ぶ

手の届きにくいところをうまく洗ったり、折りたたんで使ったりすることも考えると、ボディータオルの長さは長すぎても短すぎてもよくありません。

実際のところ、特別身長が高い・低いという人でない限りは、100cmくらいの長さを基準にしてボディータオルを選んでおけば、まずハズレはありません。

そして好みはありますが、幅は25cm程度のボディータオルなら折りたたんだ際に分厚くなりすぎることもなく、一番使いやすいサイズ感のものだと言えます。

ふんわりやデコボコなど、肌触りに注目

タオルというと、手ぬぐいやバスタオルのようなものをイメージする人も多いかもしれませんが、ボディータオルには本当に様々なバリエーションがあります。

もし、やわらかくてなめらかな肌ざわりが良いなら、シルクや綿のボディータオルをがオススメです。逆に適度なタオルの存在感を楽しみたいなら麻を選ぶ、という風にいろいろなニーズに合わせたボディータオルが販売されています。

また、たとえ同じ素材であったとしても、織り方などによってふんわりとした肌触りになっているものもあります。他に刺激感を考えてあえてデコボコに仕上げているものなどもありますので、自分の好みに合ったボディータオルを探す楽しみはかなり奥深いものとなっています。

ボディータオルのおすすめ人気ランキング11選

さて、いよいよボディータオルのおすすめ人気ランキング・ベスト11を公開していきたいと思います。当記事では、素材・硬さ・サイズ・原産国というポイントに加えて価格面もしっかり押さえてありますので、ぜひよくお読みの上隅々までチェックしてみてください。

11位

サイバール株式会社

タオルショップブルーム なめらかホイップ ボディタオル

1,350円(税込)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

公式サイトで詳細をみる

タオルショップブルーム なめらかホイップ ボディタオル

様々なタオルを発売しているタオルショップブルームの中でも、とりわけ人気なのがこちらの「なめらかホイップボディタオル」です。
きめ細かくふわふわとした質感で、魅力的な弾力を持つ泡を作り出す秘密は、原料がポリ乳酸(とうもろこし繊維)だというところにあります。

ポリ乳酸製のタオルは抗菌性で泡切れも良いため、毎日のお風呂で衛生的に使えるところも嬉しいポイントです。
質感は意外と化繊に近い感触はありますが、やわらかさがあり刺激が少ないため、敏感肌の方にもおすすめできます。
楽天市場でも、1500件を超えるレビューを誇る今イチオシの人気商品です。

素材硬さサイズ原産国
ポリ乳酸100%(とうもろこし繊維)やわらかめ約20×100cm日本製
10位

株式会社コパ・コーポレーション

コパ・コーポレーション ボディータオル ゴムポンつるつる

1,870円(税込)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

公式サイトで詳細を見る

コパ・コーポレーション ボディータオル ゴムポンつるつる

背中などに小さいできもののような角質ができて困っているという方におすすめしたいのが、こちらの「ボディータオル ゴムポンつるつる」です。
タオルの素材としては綿ではあるのですが、ゴムラテックスを配合することで、力を入れてゴシゴシとこすらなくとも、優しくきれいに体をピーリングしてくれる効果が期待できます。

最初は硬めの質感ではありますが、使っていくうちにやわらかくなめらかな質感もあわせ持つようになり、ほどよい刺激が気持ちよいと人気のアイテムです。

種類サイズ素材泡立ちの良さ
ロングタイプ15×90cm綿100%(表面:ゴムラテックス混合体)
9位

株式会社マーナ

マーナ うさぎのしっぽのボディタオル

713円(税込)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

公式サイトで詳細をみる

マーナ うさぎのしっぽのボディタオル

優しい洗い心地が大人気の「マーナ うさぎのしっぽのボディタオル」ですが、その泡立ちの良さは見ていて面白いほどです。
ボディタオル自体もふわふわの質感で、泡立てた時の化繊ならではのなめらかさ・やわらかさから、敏感肌の方はもちろん、幅広い層のユーザーからリピーターが続出しています。

素材硬さサイズ原産国
ポリエステル100%やわらかい約22×90cm日本製
8位

東和産業株式会社

東和産業 すご泡III

354円(税込)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

公式サイトで詳細をみる

東和産業 すご泡III

「東和産業 すご泡Ⅲ」は、「やわらかめ」や「かため」といった基本的なユーザーの好みに合わせた展開はもちろん、「メンズ用」や「超やわらかめ」などの、まさにかゆいところに手が届くラインナップが魅力的です。
サイズ感は基本的に28×100cmと少し大きめで、凸凹泡立ち織りという織り方も相まって、豊かな泡立ちをすぐに作り出すことができます。

素材硬さサイズ原産国
ナイロン100%やわらかい~かたい28×100cm日本
7位

有限会社アッシュ

Kirei ピーリングボディタオル More

1,980円(税込)

amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

公式サイトで詳細をみる

有限会社アッシュ Kirei ピーリングボディタオル More

体を洗うというだけでなく、優しくピーリングしたいという目的をお持ちの方にうってつけなのが、こちらの「Kirei ピーリングボディタオル More」です。
コットン素材にゴムラテックスが含まれているため、軽くソフトにこするだけで、ゴム繊維がきれいに体をピーリングしてくれます。

サイズは16×90cmと小さめであるため、手の届かないところや体全体を広くゴシゴシこするというよりは、ピーリングしたいところを手のひらサイズで優しく洗うという使い方がとても気持ちよく、人気を集めています。

素材硬さサイズ原産国
コットン100%(ゴムラテックス加工)硬め16×90㎝日本製
6位

株式会社ディーフィット

まかないこすめ 和紙タオル

1,320円(税込)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

まかないこすめ 和紙タオル

その名の通り、和紙を織り込んだ「まかないこすめ 和紙タオル」は、名前だけでなくその見た目も印象的です。
一見すると網目のように粗く見える織り方なのですが、実際に使ってみるとそのイメージは簡単に覆されます。
加えて表・裏の両面でやわらかさ・硬さが違うという特徴があるため、好みやその日の気分によって1枚で使い分けられるという面白さがあり、幅広いユーザーからの支持を集めています。

また、綿に加えて和紙を編み込んでいることで、タオル自体に厚みを感じられるような織り方になっており、耐久性の高さも人気に一役買っています。

素材硬さサイズ原産国
綿100%、(ループ)和紙表裏でソフトとハード2つの肌触り約25×100cm日本製
5位

株式会社オリム

オリム 今治産 こりこりボディータオル

660円(税込)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

公式サイトで詳細をみる

オリム 今治産 こりこりボディータオル

「タオルといえば、やっぱり今治!」という、有名なタオル産地で生産される「オリム 今治産こりこりボディータオル」は、1996年に生産を開始してから、今なお人気ランキングの上位にあり続ける人気のボディータオルです。
「こりこり」という名前であり、やや硬い質感のタオルですが、化繊を一切使用していないのに泡立ちがよく、肌ざわりはとてもなめらかです。
「一度使うと止められない!」というレビューも見かけるほど中毒性の高い人気アイテムとなっています。

素材硬さサイズ原産国
コットン78%、麻22%やや硬め約25×95cm日本製
4位

ハオ・コミュニケーションズ

ハッピーシルク 絹姫 シルクボディタオル

2,100円(税込)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

公式サイトで詳細を見る

ハッピーシルク 絹姫ボディタオル

「垢すりのようにポロポロと垢がとれるのに、肌が痛くも赤くもならない!」という口コミが続出の「ハッピーシルク 絹姫ボディタオル」は、まさに新感覚のボディータオルとして大注目を集めています。
実際、優しく洗っているだけでもどんどんと垢や汚れが取れるのは驚きなのですが、その理由はふんだんに使われているシルク素材にあります。

ただし、身体がきれいになるからといって、毎日長時間使用し続けることはどうしても肌に負担をかけてしまうことになります。そのため、他のアイテムとうまく組み合わせながら定期的に使用するといった方法がより効果的です。

種類サイズ素材泡立ちの良さ
ロングタイプ24×85cmシルク
3位

有限会社笑こころ

笑ココロ 和っ布る 和紙タオル

1,650円(税込)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

公式サイトで詳細をみる

笑ココロ 和っ布る 和紙タオル

ワッフル状の生地がかなり独特な質感を生み出している「笑ココロ 和っ布る 和紙タオル 」は、まずはその目新しさから人気に火が着いたボディータオルです。
オーガニックコットンと和紙の繊維をうまく織り込んだワッフル生地は、単なるコットンよりもハリや弾力があり、身体によくフィットして洗いやすいと評判です。

また、やわらかい質感でありながらも、ワッフル生地がもつ凸凹感がほどよい刺激も与えてくれるということで、今も人気上昇中の要注目ボディータオルです。

素材硬さサイズ原産国
オーガニックコットン・和紙繊維柔らかい20×100cm日本製
2位

株式会社亀の子束子西尾商店

亀の子 かため麻ボディタオル

1,424円(税込)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

公式サイトで詳細をみる

亀の子 かため麻ボディタオル

亀の子タワシで有名なメーカーから発売されている「亀の子 かため麻ボディタオル」は、その名前からイメージされる通り、かなりかためのボディータオルです。
しかし、かためといっても、タワシでゴシゴシこすられるようなものではなく、麻100%という天然素材により、肌への優しさもあわせ持ったハイブリッドな使い心地から、大人気のボディタオルとなっています。

約34×100というサイズ感もかなり大き目で、折りたたんでしっかりと身体を洗いたいという方にはうってつけです。

素材硬さサイズ原産国
麻100%かため約34×100cm日本製
1位

株式会社シンエイプランニング

シンエイプランニング 泡立ちマシュマロボディタオル

1,424円(税込)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

シンエイプランニング 泡立ちマシュマロボディタオル

栄えある第1位は、「シンエイプランニング 泡立ちマシュマロボディタオル」です。 トウモロコシを原料としたポリ乳酸製のこのボディータオルは、とてもソフトな質感泡立ちもよく、敏感肌の方はもちろん、赤ちゃんにも安心して使えるというやさしさがとても魅力です。
実際に使ってみると、堂々の1位を獲得するのも納得の使い心地ですし、いろいろなカラーが展開されており、かわいらしい見た目の良さも人気の秘訣となっています。

素材硬さサイズ原産国
ポリ乳酸100%やわらかめ約23×100cm日本製

人気ボディタオルの比較一覧表

商品名価格素材硬さサイズ原産国
タオルショップブルーム なめらかホイップ ボディタオル1,350円
(税込)
ポリ乳酸100%(とうもろこし繊維)やわらかめ約20×100cm日本製
マーナ うさぎのしっぽのボディタオル713円
(税込)
ポリエステル100%やわらかい約22×90cm日本製
東和産業 すご泡III354円
(税込)
ナイロン100%やわらかい~かたい28×100cm日本
まかないこすめ 和紙タオル1,320円
(税込)
綿100%、(ループ)和紙表裏でソフトとハード2つの肌触り約25×100cm日本製
オリム 今治産 こりこりボディータオル660円
(税込)
コットン78%、麻22%やや硬め約25×95cm日本製
笑ココロ 和っ布る 和紙タオル1,650円
(税込)
オーガニックコットン・和紙繊維柔らかい20×100cm日本製
亀の子 かため麻ボディタオル1,424円
(税込)
麻100%かため約34×100cm日本製
シンエイプランニング 泡立ちマシュマロボディタオル1,424円
(税込)
ポリ乳酸100%やわらかめ約23×100cm日本製
コパ・コーポレーション ボディータオル ゴムポンつるつる1,870円
(税込)
綿100%(表面:ゴムラテックス混合体)柔らかい(最初は硬め)15×90cm日本製
Kirei ピーリングボディタオル More1,980円
(税込)
コットン100%(ゴムラテックス加工)硬め16×90㎝日本製
ハッピーシルク 絹姫 シルクボディタオル2,100円
(税込)
絹100%ふつう約24×85cm日本製

さらに優しい素材がいいなら、海綿スポンジもおすすめ

「どうしても敏感肌で、どんなボディタオルを使っても乾燥したりヒリヒリしたりする…」という方には、海綿スポンジ素材がオススメです。

海綿スポンジとは、海底に暮らすカイメンという生き物を採集して乾燥させたもので、絹のようななめらかさをもったとても肌触りの良い素材です。
特筆すべきは、なめらかさはもちろんのことながら、人間の肌と同じくアミノ酸を豊富に含んでいるためで、素肌に触れた時に海綿スポンジから受ける刺激の少なさは他に類を見ません。

あくまでスポンジであるため、手でつかんで洗うことになりますので、ボディータオルに比べると使い方が限られますが、乾燥やニキビが原因でうまくお風呂を楽しめないという方は、是非一度海綿スポンジを試してみてください。

体臭が気になる方も!正しい体の洗い方

ここまで、きれいに体を洗うことに注目してきましたが、実は体を洗いすぎることが体臭の原因となっている場合があります。

もし、「しっかり体を洗っているのに、体臭がどうしても気になる…。」という場合には、

・あまりゴシゴシと力を入れてこすらない
・泡立ちの良いボディータオルに変えてみる
・専用の泡立てネットを使う
・耳の後ろや足の指など、体臭の発生源となりやすいところは特に入念に洗う

ということを意識してみましょう。

人間の皮膚には、良い菌と悪い菌の両方が住んでいるのですが、あまりにも強い力や摩擦で皮膚が洗われることで、悪い菌だけでなく良い菌もはがされてしまうことになります。
そうなると、皮膚を良い状態に保つことができなくなり、皮脂の分泌異常による乾燥やニキビなどの様々な症状を引き起こしてしまうことになるのです。

そのため、体全体を隅々まで力強くゴシゴシと洗うことは避け、泡立ちの良いボディタオルで優しく丁寧に洗うというのが、正しい体の洗い方になります。

100均で買えるおすすめプチプラボディータオル

プチプラの代表といえば、やはり100均です。100均で手に入るコスパの良いボディータオルにも、良いものがたくさんありますので、紹介します。

Pick Up!

ダイソー・セリア

絹製ボディタオル

110円(税込)

公式サイトで詳細を見る

絹製ボディタオル

ダイソーやセリアといった大手の100均では、絹製のボディタオルが販売されています。
絹製のボディータオルは常に人気の商品で、高級な繊維によるなめらかな肌ざわりがとても気持ち良いのですが、100均で手に入る絹製ボディタオルでもしっかりと絹を感じることができます。

素材硬さサイズ原産国
綿65%、絹35%やわらかい24×100cm日本製
Pick Up!

ダイソー

のびーるボディスポンジ

110円(税込)

公式サイトで詳細を見る

のびーるボディウォッシュ

ボディスポンジは、手でつかんで体を洗うものであるため、どうしても背中など手の届きにくいところが洗いづらいという弱点があります。
しかし、ダイソーの「のびーるボディースポンジ」は、長さが約32cmというロングなボディースポンジであるため、ボディータオルと同じような感覚で便利に使うことができます。

素材硬さサイズ原産国
--32cm-

敏感肌の方向け!素材はポリ乳酸がおすすめ!

近年、エコ素材としても注目度の高まっているポリ乳酸は、とうもろこし由来の天然素材です。
植物由来のため、肌のうるおいを守りながらも、余分な皮脂や汚れはしっかりと落としてくれるということはもちろん、素材自体がもつ抗菌性もあり衛生的に使えるという、まさにボディータオルにうってつけです。
肌触りもやわらかく、もちもちした泡立ちが期待できるため、肌を傷つける心配はかなり少なく、ポリ乳酸は敏感肌の方には是非一度試していただきたい素材となっています。

また、ポリ乳酸は天然素材であることから、廃棄時に有害物質が出づらいという特性もあり、肌にも自然にも優しいというところが人気を集めています。

まとめ

バスタイムは毎日に欠かさず訪れるものですから、その質を上げることはとても大切です。
今回のランキングを参考に自分のお気に入りのボディータオルを見つけ出し、毎日のバスタイムを楽しく充実した時間にしてみてください。

また、上質なボディータオルを使っていたとしても、力任せにゴシゴシこするといった洗い方をしていては、肌にダメージを与え続けることになってしまいます。

マイベストなボディータオルを見つけるのと並行して、自分の肌に向き合い、ていねいに洗うことは意識していくようにしていきましょう。

美容健康 人気記事ランキング

メニューを閉じる×
カテゴリーアイコン
ビジネス
カテゴリーアイコン
ファッション
カテゴリーアイコン
医療・介護
カテゴリーアイコン
冠婚葬祭
カテゴリーアイコン
教育・子育て
カテゴリーアイコン
金融
カテゴリーアイコン
公共
カテゴリーアイコン
自動車・バイク
カテゴリーアイコン
趣味
カテゴリーアイコン
住宅
カテゴリーアイコン
電子機器・インターネット
カテゴリーアイコン
美容健康
カテゴリーアイコン
暮らし
カテゴリーアイコン
恋愛