e-colle

フードプロセッサーのおすすめ10選・選び方のポイントを解説!

カレンダー 2020.04.04

フードプロセッサーのおすすめ10選・選び方のポイントを解説!

フードプロセッサーは、お手軽に食材を調理することができる便利な調理器具です。たくさんのフードプロセッサーが市販されており、搭載されている機能はメーカーやブランドにってさまざまとなっています。

今回はハンディタイプと据え置きタイプ別にフードプロセッサーの人気ランキングをご紹介します。
最適なフードプロセッサー探しの参考にしてみてください。

この記事を紹介する人

フードプロセッサーのおすすめ10選・選び方のポイントを解説!
クリエイター
e-colle編集部

本記事ではフードプロセッサーの選び方から、アンケート結果を元にしたおすすめランキングを紹介していきます!

フードプロセッサーの選び方のポイント

まずフードプロセッサーの選び方ですが、自分がどのように使用するかイメージすることが大切です。いくつか注目したいポイントをまとめましたので確認していきましょう。

調理の用途に合わせて選ぶ

フードプロセッサーは、据え置きタイプとハンディタイプの2つのタイプがあります。調理の用途によって適切なタイプが変わりますので、まずはそれぞれの特徴を確認していきましょう。

固定された安定感と大容量の「据え置きタイプ」

据え置きタイプは、食材を入れる容器とモーターつきの台座がセットになっているタイプです。

容器を固定したまま使用することができるため安定感に優れています。使用中にバランスを崩して中身がこぼれてしまうような心配はほとんどありません。

また、容器も大型のものが多く大容量に対応しているものがほとんどです。一度に大量の食材の下ごしらえやカットをしたいときに向いているタイプです。

コンパクトで扱いやすい「ハンディタイプ」

ハンディタイプは、スティックの形状をしており先端についている刃を食材に押し付けながら使用するタイプです。

用途としては「つぶす」「混ぜる」「泡立てる」などが代表的です。そのためポタージュや離乳食づくりに向いています。

サイズもコンパクトなことから収納がしやすい特徴もあります。新しい調理家電を買うとそのおき場所に困ってしまうケースも多いですが、ハンディタイプの保管場所は最小限のスペースで収まります。

作りたい量を考慮して適切なサイズのものを選ぶ

フードプロセッサーのサイズも選ぶ際に注目したいポイントです。

サイズが小さいものに容量の限界を超えて食材を入れて使用すると、カッター部分が食材全体にまで届かず、まんべんなくカットすることができません。

一方で、大きすぎるサイズですと収納スペースに困ってしまう恐れもあります。調理は問題なくともキッチンにおき場所がなくては使用する度に出し入れするのが大変です。

そのためフードプロセッサーのサイズは、作りたい量に合わせて選ぶことが大切です。

お手入れのしやすさにも注目しよう

調理器具を長く使うためには日頃のお手入れが必要不可欠です。フードプロセッサーのお手入れのしやすさにも注目してみてください。

洗いやすさを重視しよう

洗いやすさで注目したいポイントは「カッター部分の取り外しやすさ」や「食洗機で洗えるか」などです。

使用後のお手入れを怠ってしまうとカッターの刃部分のサビなどの原因ですぐに劣化してしまいます。フードプロセッサーは何度も繰り返し使うものですから洗いやすいものを選ぶことも重要なポイントになります。

構造するパーツは複雑なのか

フードプロセッサーの中には複数のパーツが取り付けられている複雑な構造をしているものもあります。

使用時は多機能で便利なのですが、お手入れの面を考えると手間が増えるというデメリットになってしまうこともあります。お手入れのしやすさを重視するなら、シンプルな構造をしているものを選ぶとよいでしょう。

使いたい加工機能があるか確認しよう

フードプロセッサーによって使える機能はさまざまです。購入の際には、使いたい機能が備わっているかどうか確認しておくことが重要となります。

ハンディタイプは「つぶす・まぜる」の機能が基本となっており、離乳食やポタージュを始めとしたスープ系の調理に向いているタイプが多いです。

一方で据え置きタイプは、「スライス・千切り・おろし」などカット機能が充実しているものもあります。野菜のカットに拘りたい場合は注目ポイントの一つです。

その他にも「バター作り」や「パン生地練り」など、さまざまな機能が搭載されていることもあります。そのため豊富な加工機能を望む場合は据え置きタイプがおすすめです。

多くの種類の食材加工に対応しているものを選ぼう

フードプロセッサーの基本機能はお肉や野菜のカットですが、中にはパン生地練りに対応しているものもあります。

フードプロセッサーを購入したのに加工したい食材に対応していなかったら元も子もありません。購入前に対応している食材加工を確認しましょう。

安全機能が充実しているものを選ぼう

フードプロセッサーを構成するパーツに鋭い刃が含まれていますので扱いを間違えると大変危険です。そのため、安全機能が備わっているものを選ぶのも重要なポイントとなります。

「パーツが正しくセットされていないと動作しない」「モーターに負担がかかると自動停止する」など、安全面で十分に配慮されているフードプロセッサーがおすすめです。

フードプロセッサー(ハンディタイプ)の人気ランキング5選

ここからは、フードプロセッサーの人気ランキングをご紹介します。選び方でご紹介したポイントを交えながらそれぞれの機能・特徴を確認していきましょう。

まずはコンパクトで扱いやすいハンディタイプからです。

5位

アイリスオーヤマ株式会社

アイリスオーヤマ ハンドブレンダー

8,000円(税込)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

公式サイトで詳細を見る

アイリスオーヤマ ハンドブレンダー

多機能ながらコンパクトですっきり収納!
「つぶす・まぜる・きざむ・泡立てる」の4役を1台でこなすことができるブレンダーです。玉ねぎのみじん切りやスムージー・離乳食づくりなど、時間がかかりがちの料理も手軽に作ることができます。

また専用の収納スタンドを使用することで、ちょっとしたスペースに収納することも可能です。このような収納性の高さから、キッチンにあまり調理器具をおきたくないという方にも選ばれているフードプロセッサーです。

容量機能付属アタッチメントサイズ重量素材消費電力
500mlつぶす・まぜる・きざむ・泡立てる泡立て器・ブレンダー・チョッパー5.4×6.8×40cm2.3kg-200W
4位

テスコム電機株式会社

テスコム PureNatura スティックブレンダー

3,725円(税込)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

公式サイトで詳細を見る

テスコム PureNatura スティックブレンダー

つぶす・まぜるのシンプル機能で素早くカンタン!
テスコムのスティックブレンダーは、操作しやすいボディ形状になっており、非常に握りやすくなっています。じっくりまぜる必要がある食材も安定して調理することができます。

また、機能面においては「つぶす・まぜる」のシンプルな機能となっています。そのため価格の方はリーズナブルになっており、離乳食やスムージー作りができれば十分という方に人気のフードプロセッサーです。

容量機能付属アタッチメントサイズ重量素材消費電力
500mlつぶす・まぜるブレンドカップ5.2×6×33.6cm0.55kgABS樹脂150W
3位

株式会社イデアインターナショナル

ブルーノ マルチスティックブレンダー

6,600円(税込)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

公式サイトで詳細を見る

ブルーノ マルチスティックブレンダー

スリムボディによって簡単片手操作を実現!
豊富な付属アタッチメントによって、1台5役をこなすことができるマルチブレンダーです。付属しているチョッパーは、刻む以外に砕く機能もありますので氷砕きなどに使うこともできます。

また従来のブルーノシリーズからスリム&軽量化をはたしており、片手でも簡単に操作することができます。お手軽ながらも幅広い用途に使うことができて毎日のお料理をサポートしてくれるフードプロセッサーです。

容量機能付属アタッチメントサイズ重量素材消費電力
-つぶす・まぜる・きざむ・くだく・泡立てるチョッパーボトル・チョッパーボトル専用カッター・ブレンダーカップ(500ml)・泡立て器6.3×6.8×36.5cm0.57kgポリプロピレン・ステンレス鋼・ステンレス鋼(チタニウムコーティング)・ABS樹脂・AS樹脂200W
2位

Cuisinart

クイジナート スリム&ライト マルチハンドブレンダー

11,000円(税込)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

公式サイトで詳細を見る

クイジナート スリム&ライト マルチハンドブレンダー

軽量×スピーディーの多機能ハンドブレンダー!
軽量化されているブレンダー本体とスリムなボディ形状は、女性の手でも持ちやすい扱いやすいブレンダーになっています。強い力を必要としないため、繰り返し使うのに最適なフードプロセッサーです。

ブレンダーやチョッパーのカッター回転数は従来のシリーズより大幅に上昇しており、スピード調理を実現しています。ダイヤル式のスピード調節機能がついていますので回転が早すぎると感じたときは簡単に抑えることが可能です。

容量機能付属アタッチメントサイズ重量素材消費電力
-つぶす・まぜる・きざむ・くだく・泡立てるブレンダー・チョッパー・ビーター・専用カップ5.7×5.7×36cm0.5kgABS樹脂・AS樹脂・アセタール樹脂・ステンレス200W
1位

ブラウン ハウスホールド

ブラウン マルチクイック ハンドブレンダー

6,700円(税込)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

公式サイトで詳細を見る

ブラウン マルチクイック ハンドブレンダー

スピード調理も思いのまま!ターボ機能搭載ブレンダー
持ち手の部分に大きめのスピード調節ボタンが設置されているので、調理を中断することなくターボのon/off切り替えが可能です。固い食材であればターボ機能を、離乳食やスムージーなどピューレ状ならじっくり通常モードの使い分けができます。

また搭載されているモーターはブラウンの独自開発した350Wのパワフルモーターです。ハンディタイプの中でも高品質なモーターとなっており、振動や駆動音も抑えられ調理時もほとんど気になることはありません。

容量機能付属アタッチメントサイズ重量素材消費電力
600mlつぶす・まぜる・きざむ・泡立てるチョッパー・泡立て器・専用計量カップ7×7×38cm0.72kg-350W

人気フードプロセッサー(ハンディタイプ)の比較一覧表

商品名価格容量機能付属アタッチメントサイズ重量素材消費電力
アイリスオーヤマ ハンドブレンダー8,000円
(税込)
500mlつぶす・まぜる・きざむ・泡立てる泡立て器・ブレンダー・チョッパー5.4×6.8×40cm2.3kg-200W
テスコム PureNatura スティックブレンダー3,725円
(税込)
500mlつぶす・まぜるブレンドカップ5.2×6×33.6cm0.55kgABS樹脂150W
ブルーノ マルチスティックブレンダー6,600円
(税込)
-つぶす・まぜる・きざむ・くだく・泡立てるチョッパーボトル・チョッパーボトル専用カッター・ブレンダーカップ(500ml)・泡立て器6.3×6.8×36.5cm0.57kgポリプロピレン・ステンレス鋼・ステンレス鋼(チタニウムコーティング)・ABS樹脂・AS樹脂200W
クイジナート スリム&ライト マルチハンドブレンダー11,000円
(税込)
-つぶす・まぜる・きざむ・くだく・泡立てるブレンダー・チョッパー・ビーター・専用カップ5.7×5.7×36cm0.5kgABS樹脂・AS樹脂・アセタール樹脂・ステンレス200W
ブラウン マルチクイック ハンドブレンダー6,700円
(税込)
600mlつぶす・まぜる・きざむ・泡立てるチョッパー・泡立て器・専用計量カップ7×7×38cm0.72kg-350W

フードプロセッサー(据え置きタイプ)の人気ランキング5選

ここからは、据え置きタイプのフードプロセッサー人気ランキングをご紹介します。大きなサイズの安定感や多機能タイプで幅広い用途に使えるものなど、特徴は多種多様となっていますので順番に見ていきましょう。

5位

Cuisinart

クイジナート フードプロセッサー

29,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

公式サイトで詳細を見る

クイジナート フードプロセッサー

パワフルなモーター搭載により大容量1.9Lを実現!
搭載しているモーターはプロの厨房でも使われているようなインダクションモーターを採用しています。パワーと耐久性を兼ね備えているモーターは、最大1.9Lの調理の対応を可能としました。

また、付属アタッチメントが充実しているのもうれしい点です。ハンバーグの肉ミンチや玉ねぎのみじん切り用のメタルブレード、大根おろしや粉チーズ用のおろしカッターなど、便利なアタッチメントが全部で5つセットになっています。

容量機能付属アタッチメントサイズ重量素材消費電力
1.9Lきる・きざむ・こねる・薄切り・細切り・おろしメタルブレード・ドゥブレード・2mmスライサー・ファインンシュレッダー・おろしカッター17.7×24.8×35cm5.1kgABS樹脂・ステンレス・ポリカーボネート・ナイロン300W
4位

テスコム電機株式会社

テスコム PureNatura フードプロセッサー

11,000円(税込)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

公式サイトで詳細を見る

テスコム PureNatura フードプロセッサー

据え置きタイプながらもコンパクト収納に対応!
テスコムのフードプロセッサーは、全ての付属品を本体に収納することが可能となっています。電源コードも本体下に巻きつける箇所が用意されていますので収納スペースは必要最低限に抑えられています。

機能面においても充実しています。切る・混ぜるを始めとした基本機能を抑えつつ、バター作りや水切りなど幅広い用途に対応している特徴があります。付属アタッチメント「バター&ホイップ」は、お菓子用のメレンゲからオリジナルバター作りまで、多彩な使い方に対応しています。

容量機能付属アタッチメントサイズ重量素材消費電力
500g(ハンバーグの場合)まぜる・きざむ・おろす・泡立てる・バター作り・水切りみじん切りチタンカッター・両面おろし刃(粗目 / 細か目)・バター&ホイップ・円板軸・掃除ブラシ・ヘラ・収納ケース・レシピブック26×17×21.5cm2.7kgABS樹脂・ステンレス・ガラス170W
3位

株式会社山善

山善 フードプロセッサー

3,500円(税込)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

公式サイトで詳細を見る

山善 フードプロセッサー

少量調理に最適なコンパクトモデル!
こちらは、最大容量200gの少量調理に向いているフードプロセッサーとなります。一人暮らしで一度に大量の調理が必要ないという方に人気のタイプとなっています。サイズもコンパクトで収納スペースをとらないのもうれしい点です。

「まぜる・きざむ」のシンプル機能となっていますが、その分扱いやすいというメリットがあります。ハンバーグや餃子のタネ作りや玉ねぎのみじん切りに最適なフードプロセッサです。

容量機能付属アタッチメントサイズ重量素材消費電力
200g(肉の場合)まぜる・きざむステンレスカッター18×10.5×13cm0.8kgステンレス60W
2位

パナソニック株式会社

パナソニック フードプロセッサー

23,625円(税込)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

公式サイトで詳細を見る

パナソニック フードプロセッサー

あらゆる料理に対応!多機能フードプロセッサー!
こちらはなんと、1台で8役をこなす万能フードプロセッサーです。3種類のカッターの他に「パンの羽根」と呼ばれるアタッチメントを付属することでパン生地練りにも対応しています。

また、調理の要となるカッター部分には、チタンの約1.2倍の硬度を誇る「ブラックハードチタンカッター」を採用しています。切れ味抜群で快適に調理することができるおすすめのフードプロセッサーです。

容量機能付属アタッチメントサイズ重量素材消費電力
500g(ハンバーグの場合)きざむ・まぜる・する・おろす・粗くおろす・スライス・せん切り・パン生地練りへら付きブラシ・ナイフカッター・おろし&とろろカッター・鬼おろしカッター・スライス&せん切りカッター・パンの羽根21.2×15.4×22.5cm2.8kgブラックチタン120W
1位

株式会社グループセブ ジャパン

ティファール フードプロセッサー

17,250円(税込)

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る

公式サイトで詳細を見る

ティファール フードプロセッサー

コンパクトながら7役に対応!お手軽フードプロセッサー
小さいサイズながらも驚きの機能充実を実現しているのは付属している4つのアタッチメントです。ティファールが独自に開発したディスクは、スピード・角度・配置が研究されており、快適な使い心地を実現しています。

また、2段階の安全装置によって誤作動防止を徹底しているのもうれしい点です。正しくセットしないと動作しない設計になっていますので、お子様と一緒でも安心して使用することができるフードプロセッサーです。

容量機能付属アタッチメントサイズ重量素材消費電力
600mlまぜる・つぶす・みじん切り・スライス・せん切り・おろす・泡立てるカッター・スライス&せん切りディスク・泡立てディスク・おろしディスク27×15×25.5cm1.52kgABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂、SAN(スチレン アクリロニトリル)樹脂、ポリプロピレン、ステンレス350W

人気フードプロセッサー(据え置きタイプ)の比較一覧表

商品名価格容量機能付属アタッチメントサイズ重量素材消費電力
クイジナート フードプロセッサー29,800円
(税込)
1.9Lきる・きざむ・こねる・薄切り・細切り・おろしメタルブレード・ドゥブレード・2mmスライサー・ファインンシュレッダー・おろしカッター17.7×24.8×35cm5.1kgABS樹脂・ステンレス・ポリカーボネート・ナイロン300W
テスコム PureNatura フードプロセッサー11,000円
(税込)
500g(ハンバーグの場合)まぜる・きざむ・おろす・泡立てる・バター作り・水切りみじん切りチタンカッター・両面おろし刃(粗目 / 細か目)・バター&ホイップ・円板軸・掃除ブラシ・ヘラ・収納ケース・レシピブック26×17×21.5cm2.7kgABS樹脂・ステンレス・ガラス170W
山善 フードプロセッサー3,500円
(税込)
200g(肉の場合)まぜる・きざむステンレスカッター18×10.5×13cm0.8kgステンレス60W
パナソニック フードプロセッサー23,625円
(税込)
500g(ハンバーグの場合)きざむ・まぜる・する・おろす・粗くおろす・スライス・せん切り・パン生地練りへら付きブラシ・ナイフカッター・おろし&とろろカッター・鬼おろしカッター・スライス&せん切りカッター・パンの羽根21.2×15.4×22.5cm2.8kgブラックチタン120W
ティファール フードプロセッサー17,250円
(税込)
600mlまぜる・つぶす・みじん切り・スライス・せん切り・おろす・泡立てるカッター・スライス&せん切りディスク・泡立てディスク・おろしディスク27×15×25.5cm1.52kgABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)樹脂、SAN(スチレン アクリロニトリル)樹脂、ポリプロピレン、ステンレス350W

スムージー作りならミキサーもおすすめ!

フードプロセッサーの選び方や人気ランキングのご紹介をしてきました。多機能なフードプロセッサーも数多くありましたが、用途がスムージーや離乳食などに限定されているならばミキサーも選択肢の候補に挙がります。

フードプロセッサーはミンチやすり身の調理が得意な特徴がある一方で、ミキサーはジュースやピューレ状の調理に特化している製品です。「野菜や果物からジュースを作りたい」「スムージーや離乳食をお手軽に用意したい」という方にはミキサーもおすすめします。

まとめ

フードプロセッサーの選び方
・調理の用途に合ったタイプを選ぶ
・適切な容量のものを選ぶ
・お手入れのしやすい交えながら、フードプロセッサーの人気ランキングをご紹介してきました。調理の用途や家族構成などによっても最適なフードプロセッサーは変わってくるかと思います。本記事を参考にぴったりなフードプロセッサーを選んでみてください。



記事ものを選ぼう
・好みの加工ができるものを選ぼう
・多くの種類の食材を加工できるものを選ぼう
・誤作動防止など安全に使用できるものを選ぼう

暮らし 人気記事ランキング

メニューを閉じる×
カテゴリーアイコン
ビジネス
カテゴリーアイコン
ファッション
カテゴリーアイコン
医療・介護
カテゴリーアイコン
冠婚葬祭
カテゴリーアイコン
教育・子育て
カテゴリーアイコン
金融
カテゴリーアイコン
公共
カテゴリーアイコン
自動車・バイク
カテゴリーアイコン
趣味
カテゴリーアイコン
住宅
カテゴリーアイコン
電子機器・インターネット
カテゴリーアイコン
美容健康
カテゴリーアイコン
暮らし
カテゴリーアイコン
恋愛