e-colle

弁護士法人アドバンスの評判は悪い?利用者の口コミから真偽を徹底検証!

カレンダー 2020.05.06

弁護士法人アドバンスの評判は悪い?利用者の口コミから真偽を徹底検証!

弁護士法人アドバンスは、借金問題・債務整理を得意とする総合法律事務所です。
2014年に設立したばかりの若い弁護士事務所ですが、ここ最近急激な成長をとげています。

「借金が膨らんでしまってどうにかしたいけど、誰に相談したらいいのかわからない」
「家族には知られずに借金をなんとかしたい」
そんな悩みを抱えた人に寄り添った対応で、非常に高い顧客満足度を獲得していますが、
実際に利用した人の評判はどのようなものなのでしょうか。

今回は弁護士法人アドバンスについて、利用者による実際の口コミと評判を徹底検証します。

この記事を紹介する人

弁護士法人アドバンスの評判は悪い?利用者の口コミから真偽を徹底検証!
クリエイター
e-colle編集部

本記事では弁護士法人アドバンスについて、口コミや気になる情報を紹介していきます!

Pick Up!

弁護士法人アドバンス

弁護士法人アドバンス

公式サイトで詳細をみる

質の高いサービスを

「弁護法人アドバンス」とは、顧客に徹底的に寄り添い、質の高いサービスと満足を提供する法律事務所です。法律業界にありがちな「分かりにくさ」を一切排除しています。

事業内容相談実績スタッフ
新型コロナウィルス、顧問弁護士、債権回収、法人破産・事業再生、契約書作成・チェック、 社外監査役・取締役、任意売却、土地・建物明渡等の不動産案件、 先端法務(知的財産、スポーツ・エンターテインメント、フランチャイズ)、 ベンチャー法務(スタートアップ、IT、IPO)、事業承継、M&A、労働相談、海外進出支援、国際取引不動産・法人登記、医道審議会、外国人労働者のビザ申請、原子力損害賠償など19,000件以上総勢120名以上

今なら無料相談受付中なので、こちらをタップして弁護士法人アドバンス公式サイトを見てみよう!

弁護士法人アドバンスの特徴

弁護士法人アドバンス

※画像はイメージです。

弁護士法人アドバンスには、大きな2つの特徴があります。詳しくみていきましょう。

無料で債務整理の診断、相談を受けることができる

弁護士法人アドバンスでは、借金お悩み相談ナビで無料診断が受けられます。そして債務整理の無料相談を受け付けています。

そもそも債務整理とは、どのような業務なのでしょうか。

弁護士法人アドバンスでは、借金お悩み相談ナビで無料診断が受けられます。そして債務整理の無料相談を受け付けています。

そもそも債務整理とは、どのような業務なのでしょうか。

・債務整理とは
債務整理とは、支払えなくなった借金の減額、または支払いを免除してもらうための法的な手続きのことです。また、債務とは特定の相手に対して何かをしなければならない法的な義務のことです。

借金は債権者に対してお金を返さなければならない義務が発生します。そのため債務です。しかし債務を抱えながら普段の生活を維持していくのが困難な場合もあります。そこで普段の生活を維持したまま支払いができるように借金を減額、または支払い免除となるよう整理することが債務整理なのです。

債務整理の種類には、任意整理・自己破産・民事再生などがあります。

借金がなくなるかわりに失うものもあります。債務整理によるメリットとデメリットを理解し、納得したうえで適切な債務整理の方法を選びましょう。

・債務整理による主なメリットとデメリット
債務整理の種類によってメリットとデメリットがありますが、共通しているものは以下の通りです。

メリット
・借金を減額、または免除にできる
・弁護士に依頼した時点で督促が止まる

デメリット
・信用情報機関に事故情報(ブラックリスト)として記録され、数年間は新たな借入が難しくなる
・手続き費用が必要

任意整理・自己破産・民事再生など各種手続きは利用条件が異なるため、どの手続きを選択すればよいのかは個々の事情によって変わります。

弁護士法人アドバンスでは、債務整理の無料相談でどの債務整理手続きが適切かを診断してくれます。

・弁護士法人アドバンスでできる債務整理業務
弁護士法人アドバンスで受託している債務整理業務は、任意整理と過払い金請求・自己破産・民事再生・ヤミ金対応の4つです。

ここではその4つの内容を詳しく解説します。
1:任意整理と過払い金請求
任意整理とは、裁判所を通さずに、弁護士が直接交渉して借金を減額する手続きのことです。
借金の金利をカットすることで、借金の総額と毎月の返済額を減額し、無理なく返済していけるようにします。
任意整理手続きを依頼すると、すぐに督促や取り立てをストップできるので、「今月の支払いが間に合わない」といったギリギリの状況を立て直すことができます。

過去に完済した借金がある場合は、貸金業者に対して利息を払いすぎている可能性があり、その金額を過払い金といいます。
完済した借金については、過払い金の調査を無料で行います。

2:自己破産
自己破産とは「支払い不可能」であることを裁判所に申し出て、免責の許可を認めてもらう手続きです。税金などを除いたほとんどの債務を支払う必要がなくなります。
不動産や車などの高額な財産を手放すことになりますが、借金を返済する必要がなくなるので、その後の収入はすべて生活費に充てることができます。

3:民事再生
民事再生とは、住宅などの財産を手放さずに、借金を減額し分割して、3年間で返済していく手続きです。
減額した借金を完済出来れば、法律上住宅ローン以外の債務を返済する義務がなくなります。

4:ヤミ金対応
ヤミ金(闇金)とは、貸金業法で義務付けられている「貸金業登録」をせずに、貸金業を営み、出資法違反の高い利息での貸付をするなど、違法行為を行う業者(もしくは人)のことです。
ヤミ金業者は、脅迫まがいの督促をしたり、家族や勤務先にまで連絡や嫌がらせをしてきたりします。返済を終わらせたくても、何度も手数料を請求してきて、一向に完済できないこともあります。

ヤミ金対応は債務整理とは別問題であり、債務整理をしても根本的な解決ができないため、ヤミ金専用の弁護士に依頼する必要があります。
しかし、弁護士法人アドバンスは、ヤミ金対応も扱っているので、債務問題をまとめて解決することができます。
ヤミ金対応には別途費用がかかりますが、債務整理と合わせて依頼できることは、弁護士法人アドバンスの大きな強みといえるでしょう。

土日、全国、即日対応できること

弁護士法人アドバンスでは、電話での無料相談は土日祝日も受け付けており、平日は9~21時まで、土日祝日は9~19時まで対応しています。
「仕事の都合で時間が合わず相談できない」とお悩みの人にも安心です。

特に債務整理においては、全国主要都市8か所にある各事務所で迅速な対応をしています。

営業時間
平日:9:00~21:00
土日祝日:9:00~19:00
※メールでの問い合わせには、原則として1営業日以内に折り返し連絡がきますが、急ぎの場合は電話相談がおすすめです(通話料無料)

今なら無料相談受付中なので、こちらをタップして弁護士法人アドバンス公式サイトを見てみよう!

チャット形式で気軽に相談

弁護士法人アドバンス

※画像はイメージです。

たとえ相手が弁護士事務所でも、借金の相談は勇気がいりますね。

「できれば自分の身元を明かさずに、話だけを聞いてほしい」

そんな相談者の思いをかなえてくれるのが、チャット相談です。
「アドバンス借金お悩み相談ナビ」では、匿名で気軽に相談をすることができます。
普段使っているLINEと同じようなチャット画面で、スマホから発信することも可能です。

弁護士法人アドバンスの口コミ・評判を徹底検証

弁護士法人アドバンス

※画像はイメージです。

ここまで弁護士法人アドバンスの特徴をお伝えしてきましたが、実際に利用した人はどのように感じているのでしょうか。

ここでは実際の利用者による、弁護士法人アドバンスの口コミと評判をご紹介します。

弁護士法人アドバンスの悪い口コミ・評判

ネット上を調査しましたが、弁護士法人アドバンスの悪い口コミはほとんど見つけることができませんでした。
そこで今回は、他の大手弁護士事務所と比較して、弁護士法人アドバンスのデメリットをあげていきます。
・事務所が少ない
弁護士法人アドバンスの事務所は全部で8か所です。
全国をカバーするには、残念ながら十分な数とはいえません。

全国対応と言っているけれど、事務所が少ないので面談のときに遠出をすることになるのが面倒。交通費もかかるし、どうしよう。

こんな声が聞こえてきそうですね。
基本的に一度は弁護士との面談をすることになっているのですが、居住地から事務所が遠い場合、出かけていくのを負担に感じる人もいるでしょう。
借金を抱えているので、交通費も痛手になります。

しかし、考えてみればたった1回の面談で借金問題が解決できるのです。
事務所を訪れて、顔を見て話した方が信頼感も生まれてくるのではないでしょうか。
人生で大きな選択をするのですから、弁護士と実際に会うことで不安を解消しましょう。

・弁護士が若くて不安
2014年に設立されて、まだ10年も経っていない事務所なので、安心して頼れるようなベテラン弁護士はいないのでは?と不安になりますね。

弁護士の大半がキャリア10年以内の若手で、本当に解決してくれるのか?

確かに経験は浅いかも知れませんが、若い分だけバイタリティがあります。
ホームページに顔出しをしているのは「責任を持って仕事を全うする」という決意の表れなのではないでしょうか。
弁護士法人アドバンスのこれからの成長に期待したいところです。

弁護士法人アドバンスの良い口コミ・評判

次に良い口コミをご紹介します

・地方でも相談できた
「小樽に住んでいますが、大手の弁護士事務所は東京や大阪に集中していて債務処理の相談をどうしようか悩んでいました。ネットで調べるとアドバンスは札幌にも事務所があるということで、とりあえず電話相談したところ、親切に教えてくれたので依頼を決めました。消費者金融5社450万円を任意整理して180万円まで減額、月々の支払いも少なくなってホッとしています。」

・親切で信頼できる
「とても親切で、信頼できる弁護士さんでした。相談するような事が起きた時には又、是非お願いしたいです。」

・ヤミ金問題を3日で解決
「会社員ですが、クレジットカードまで妻に管理されているので小遣い欲しさについ、闇金融に手を出してしまいました。金額は10万円なのですが、10日で3割という金利に闇金融の怖さを知りました。会社に電話をかけてくるようになり「奥さんに払ってもらいますか?」と言われたので慌ててアドバンスに依頼しました。対応は早く、3日もかからず解決してくれました。もう二度と闇金融には手を出しません。」

ご紹介した以外にも、良い口コミをたくさん見つけることができました。
借金問題は誰にも相談できず、長年抱え込んでしまいがちです。
弁護士に相談する勇気があれば、想像以上に簡単に解決できるかもしれません。
一歩踏み出してみる勇気が大切ですね。

今なら無料相談受付中なので、こちらをタップして弁護士法人アドバンス公式サイトを見てみよう!

債務整理と過払い金の弁護士費用

弁護士法人アドバンス

※画像はイメージです。

弁護士法人アドバンスの報酬規定は以下の通りです。
※債務整理と過払い金に関する一般的な金額のため、具体的な金額は条件により変動します。

・債務整理
初回相談料:無料 (何度でも無料)
着手金:1社 5万円
報酬金:債権者主張の債務額を減額または免除にすることができた場合、その経済的利益に対して10%
その他:弁護士費用は2万円からの分割払いが可能、過払い金回収・裁判所への出廷費用等については別途費用がかかる場合がある。

・過払い金
初回相談料:無料 (何度でも無料)
着手金:1社 0万円
報酬金:交渉で回収した場合 → 回収額の20%、訴訟で回収した場合 → 回収額の25%、裁判所への出廷費用等については別途費用がかかる場合がある。
その他:過払い金が回収できなかった場合の費用は0円。
※上記の表示価格は税抜となっており、別途消費税額が加算されます。

弁護士法人アドバンス代表 五十部 紀英弁護士

弁護士法人アドバンス

※画像はイメージです。

弁護士法人アドバンス代表 五十部 紀英弁護士 プロフィール

五十部 紀英(いそべ としひで)
代表弁護士・税理士・行政書士/申請取次行政書士・社会保険労務士・弁理士
上智大学文学部国文学科 卒業
中央大学法科大学院 修了

経歴
2007年:最高裁判所司法研修所 入所(61期)
2009年:都内法律事務所 入所
2012年:弊事務所の前身となる中地・五十部法律事務所を設立
2014年9月:弁護士法人アドバンスとして法人化
2017年9月:税理士法人を設立 代表税理士 就任
2018年3月:行政書士法人を設立 代表行政書士 就任
2018年6月:(株)アドバンススポーツマネジメント 代表取締役 就任
2018年12月:社会保険労務士法人を設立 代表社会保険労務士 就任
2019年6月:特許業務法人を設立 代表弁理士 就任

コメント

長い人生の中では、「高みを目指す時」「助けが必要な時」、誰しも法律に向き合わなければならない時があります。

そんな時、単に法的問題に向き合うだけでなく、依頼者と向き合う。

依頼者がより良い一歩を踏み出す為に、法的解決の一歩先を考えることが私たちの役目だと考えています。

アドバンスは、新しい総合法律事務所として、すべての人に分かりやすく優れた法律サービスと満足を提供してまいります。

引用元:弁護士法人アドバンス公式ホームページ

cmでよく聞く過払金とは

弁護士法人アドバンス

※画像はイメージです。

テレビなどのCMでよく流れる「過払い金」のことをご存じでしょうか。

過払い金とは、貸金業者から借入していた借金の中で、ほんとうは支払う必要がなかったにもかかわらず、業者に支払っていたお金のことです。
長い間、高い金利で支払いを続けていた場合、弁護士に相談して利息制限法で定められた金利で再計算することで、残りの借金が減額されたり、過去に支払ったお金が戻ってきたりするケースがあります。

ではなぜ過払い金は発生するのでしょうか。

過払い金の発生には、次のような原因があります。

借り入れについて定められている「貸金業法」という法律では、かつて「出資法※」で定める年利29.2%以内であれば、貸金業者は「利息制限法」の上限を超える利息を取ってもいいことになっていました(2010年に改正)。
それによって多くの消費者金融などの貸金業者は、年利29.2%近くの高い利息でお金を貸し付けてきたのです。
この「利息制限法」は超えるけれど、貸金業者が受け取ってもいいとされていた利息が、いわゆる「グレーゾーン金利」と呼ばれるものです。
※出資法=貸金業者などを規制するために、出資金の受け入れを制限した法律

「グレーゾーン金利」で借入れしていた分を「利息制限法」の金利に引き直して計算することで過払い金があるかどうかがわかります。
引き直し計算では「利息制限法」の利息以上に支払っていた利息を、元金に充当します。
元金に充当したときに借金が減っていって、さらに「借金がゼロになってからも支払い続けていたお金」があれば、それが「過払い金」です。

ただし、過払い金の受け取りには時効があります。
過払い金は、貸金業者との最後の取引から10年で時効となってしまうため、それを越えてしまうと取り戻すことができなくなります。
心当たりのある人は、すぐにでも手続きをするべきでしょう。

法テラスへの申請ができる

弁護士法人アドバンス

※画像はイメージです。

債務整理を弁護士に依頼する場合、弁護士費用がかかります。
収入が少なく、弁護士費用の支払いがすぐにはできない場合に、弁護士費用を立て替えてくれるのが法テラスです。

このような場合、弁護士事務所では借金の返済を始める前に弁護士費用を積み立てる方法をとります。先に積み立てたお金で弁護士費用の支払いをし、積み立て後に業者への和解交渉をするという順番です。

たとえば200万円の借金を5年間で返済する場合、月々の返済額はおよそ35,000円になりますが、それと同じ金額を先に弁護士費用として積み立てます。
弁護士費用が20万円かかったとすると、5か月間積み立てた後に業者への支払いを開始するということです。

その期間を待たずにすぐに業者への返済を始めたい、というときに利用できるのが法テラスです。
法テラスは国が設立した法的トラブル解決の総合案内所ですが、弁護士費用がなくて必要な依頼ができない人に、費用を立て替えてくれる制度があります。

法テラスのようなサービスに申請ができるのは、弁護士法人アドバンスの大きなメリットといえます。

今なら無料相談受付中なので、こちらをタップして弁護士法人アドバンス公式サイトを見てみよう!

弁護士法人アドバンスの予約の流れ

弁護士法人アドバンス

※画像はイメージです。

弁護士法人アドバンスに債務整理を依頼する際の流れと、情報の登録方法は、以下の通りです。

1.匿名チャットから予約する
匿名チャット画面上で、簡単な4つの質問に答えます。
最後に電話番号と希望する時間帯を選択して予約は完了です。

2.電話での無料相談
弁護士法人アドバンスの方から指定した時間帯に電話が来るので、相談します。

3.事務所での面談
対面で詳しい話を聞くため、事務所へ案内されます。事務所が近くにない場合には郵送での対応も可能です。
この時に弁護士費用や返済計画などの取り決めもします。
不安なことは事前に全て相談しておきましょう。

4.納得できたら契約する
面談で弁護士と話し、納得ができたら依頼にすすみます。

5.債務整理完了
弁護士に依頼後、債権者への支払いはストップします。
和解までは支払いの必要はありません。
和解後にきちんと返済する計画を立て、債務整理は完了です。

今なら無料相談受付中なので、こちらをタップして弁護士法人アドバンス公式サイトを見てみよう!

弁護士法人アドバンスの基本情報

弁護士法人アドバンス

※画像はイメージです。

弁護士法人アドバンスの基本情報は以下の通りです。

名称:弁護士法人アドバンス Advance Legal Professional Corporation
設立:2014年(平成26年)9月1日
代表社員:五十部 紀英(いそべ としひで)
登録番号:828
法律相談実績:19,000件以上

・主たる事務所所在地
東京事務所(第一東京弁護士会所属)
〒100-0006  東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10F
従たる事務所所在地
札幌事務所(札幌弁護士会所属)
〒060-0002 北海道札幌市中央区北2条西3-1 敷島ビル4F
仙台事務所(仙台弁護士会所属)
〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央1-10-1 ヒューモスファイヴ8F
埼玉事務所(弁護士法人アドバンス埼玉長谷川法律事務所)(埼玉弁護士会所属)
〒332-0012 埼玉県川口市本町4-13-3 デュオプラザ川口壱番館203-3
名古屋事務所(愛知県弁護士会所属)
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3-22-8 大東海ビル8F
大阪事務所(大阪弁護士会所属)
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル22F
広島事務所(広島弁護士会所属)
〒730-0011 広島県広島市中区基町11-10 合人社広島紙屋町ビル5F
福岡事務所(福岡県弁護士会所属)
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神2-8-30 天神西通りビジネスセンタービル3F
連絡先:[TEL]03-6268-9517 [FAX] 03-6268-9518
スタッフ数:総勢120名以上

取扱業務
[法人のお客さま向け]
新型コロナウイルス/顧問弁護士/債権回収/法人破産・事業再生/契約書作成・チェック/社外監査役・取締役/任意売却/土地・建物明渡等の不動産案件/先端法務(知的財産、スポーツ・エンターテインメント、フランチャイズ)/ベンチャー法務(スタートアップ、IT、IPO)/事業承継/M&A/労働相談/海外進出支援/国際取引/不動産・法人登記/医道審議会/外国人労働者のビザ申請/原子力損害賠償など

[個人のお客さま向け]
交通事故/B型肝炎給付金請求/遺産相続/離婚問題/刑事弁護・少年事件/債務整理(破産、民事再生、任意整理、過払金回収)/労働問題/消費者被害など

引用元:弁護士法人アドバンス公式ホームページ

1位

弁護士法人アドバンス

弁護士法人アドバンス

公式サイトで詳細をみる

質の高いサービスを

「弁護法人アドバンス」とは、顧客に徹底的に寄り添い、質の高いサービスと満足を提供する法律事務所です。法律業界にありがちな「分かりにくさ」を一切排除しています。

事業内容相談実績スタッフ
新型コロナウィルス、顧問弁護士、債権回収、法人破産・事業再生、契約書作成・チェック、 社外監査役・取締役、任意売却、土地・建物明渡等の不動産案件、 先端法務(知的財産、スポーツ・エンターテインメント、フランチャイズ)、 ベンチャー法務(スタートアップ、IT、IPO)、事業承継、M&A、労働相談、海外進出支援、国際取引不動産・法人登記、医道審議会、外国人労働者のビザ申請、原子力損害賠償など19,000件以上総勢120名以上

まとめ

弁護士法人アドバンスの特徴や、実際の利用者による評判や口コミをご紹介してきました。内容をおさらいしてみましょう。

・弁護士法人アドバンスは、主に借金問題の悩みを抱えた人に寄り添った対応により93%以上の顧客満足度を獲得している、急成長中の弁護士事務所である
・無料で債務整理の診断や相談ができる
・最初の相談は匿名のチャット形式でできるなど、相談者目線の対応が好評である
・弁護士法人アドバンスに関する口コミには、悪い評判はほとんど見られなかった
・法テラスへの申請が可能

設立してまだ10年に満たない弁護士事務所ですが、借金問題を抱える相談者の目線に立った対応で信頼を得ている印象です。

ぜひ弁護士事務所を選ぶときの参考にしてください。

今なら無料相談受付中なので、こちらをタップして弁護士法人アドバンス公式サイトを見てみよう!

メニューを閉じる×
カテゴリーアイコン
ビジネス
カテゴリーアイコン
ファッション
カテゴリーアイコン
医療・介護
カテゴリーアイコン
冠婚葬祭
カテゴリーアイコン
教育・子育て
カテゴリーアイコン
金融
カテゴリーアイコン
公共
カテゴリーアイコン
自動車・バイク
カテゴリーアイコン
趣味
カテゴリーアイコン
住宅
カテゴリーアイコン
電子機器・インターネット
カテゴリーアイコン
美容健康
カテゴリーアイコン
暮らし
カテゴリーアイコン
恋愛