e-colle

サンオイルの最強おすすめ人気ランキング15選

カレンダー 2020.04.04

サンオイルの最強おすすめ人気ランキング15選

サンオイルは、紫外線から受ける肌のダメージを軽減しながら、きれいに日焼けするためのアイテムです。魅力的な小麦色になりたくても、素肌が強い紫外線にさらされると赤くなったり、炎症を起こすこともあるので、サンオイルの使用はとても大切です。

そこで、今回は紫外線の防止効果を表すSPF値や、タイプ、香りなどに着目し、おすすめの人気サンオイルをランキングしました。ぜひ、この記事を参考に自分にピッタリのサンオイルを見つけてください。

この記事を紹介する人

サンオイルの最強おすすめ人気ランキング15選
クリエイター
e-colle編集部

本記事ではサンオイルの選び方から、アンケート結果を元にしたおすすめランキングを紹介していきます!

サンオイルとは

サンオイルとは、きれいに日焼けするためのサポートアイテムとして広く浸透しています。

日焼けはやけどの一種ですが、過度に太陽に当たることで起きやすい肌の炎症やただれを防ぐ効果があります。

肌を黒くして日焼けを促すためのオイル、という役割だけでなく、日焼けによっておこる肌へのダメージを防げるものです。

サンオイルにもSPFやPAが含まれていることが多いですが、これらの数値はかなり抑えられており、高くても15前後、平均すると1〜4のものが多いです。

皮膚のダメージを軽減しながら、均一に肌を日焼けするために役立つオイルとなっています。

サンオイルの種類

サンオイルの主な種類には、ローション、ミスト、ジェル、クリームの4つがあります。

伸びやすく水に強いオイルタイプは、肌に油膜を張った状態が続き濡れても落ちにくいのが特徴です。

重めのオイルはべたつきやすいですが、ライトな使用感のものもあります。

保湿力が高いローションタイプは、しっとりとした質感で、日焼けした後の乾燥が気になる人に最適です。

スプレータイプは、水っぽいテクスチャーで肌に吹き付けて使えます。

広範囲に使いやすく、手の届きにくい背中などの部位にも塗りやすいでしょう。

サンオイルコパトーンは定番ブランド

サンオイルといえばコパトーン、と呼ばれるほど定番のブランドがコパトーンです。

炎症を引き起こしやすい紫外線のみをカットし、肌を守って健康的な日焼けが楽しめます。

特有のココナッツの香りが夏にぴったりで、つけているだけで気分が上がるでしょう。

サンオイルだけでなく、日焼け後のアフタージェルや日焼け止めなど、サンケアアイテムを幅広く用意しています。

サンオイルの定番シリーズにも複数の選択肢があり、タイプやSPAの数値の違いなどを比較して選ぶと良いでしょう。

サンオイルの選び方

サンオイルは、肌コンディション、使用する場所、目指す肌の色などによって最適なものが変わります。そこで、選び方の重要ポイントをまとめました。

SPFとPAで選ぶ

「SPF値」とは、短時間で肌に赤みや炎症を起こさせ、シミなどの原因となるUVB(紫外線B波)の防止レベルをあらわし、数値が多くなるほど防止効果が長くつづきます。焼け具合を左右するのはこの「SPF値」です。

今シーズン初めて日焼けする人や、紫外線に敏感な人は SPF3〜4、ある程度は日焼けをしていて、さらに濃い小麦色の肌を目指したいという人は SPF0〜2 を目安にすると良いでしょう。

「PA値」とは、肌をゆっくりと黒く変化させ弾力を失わせる原因となるUVA(紫外線A波)の防止レベルを表す目安です。「+」の数が増えるほどUVAの防止効果が高くなります。肌のダメージをできるだけ少なくしたいという人はPAもチェックしてください。

ウォータープルーフ処方で選ぶ

サンオイルの多くは撥水性のあるウォータープルーフタイプです。

夏のビーチやプール、汗をかくスポーツなど、水回りで使いたい場合には、ウォータープルーフ処方かどうかを必ずチェックしましょう。

しっかりサンオイルを塗ったとしても、汗や水で流れてしまっては意味がありませんよね。

それどころか、日焼け後の肌がダメージを受けてしまう可能性が高まります。

汗をかきやすい人は、サンオイルが流れにくいウォータープルーフタイプを必ず使うようにしてください。

安さで選ぶ

サンオイル選びでは、コスパや価格の安さも重要です。

きれいに日焼けをするための消耗品ですから、しっかりとケチらずに使えるくらいの価格が理想的ですよね。

100〜200mlのものが多く、1,000〜1,500円前後が目安です。

ドラッグストアで買えるものなら、1,000円以内という格安商品もあります。

海外製の輸入品は関税などの関係で割高になることが多く、取り扱い店舗によっても価格が異なるので注意しましょう。

メーカーで選ぶ

有名なメーカーで選ぶという方法も有効です。

大正製薬のコパトーンやカリフォルニアタンなど、サンオイルの定番ブランドも複数出回っています。

初めてサンオイルを使う場合は、特にメジャーなメーカーの中から選ぶと無難でしょう。

海外で定番のメーカーなども日本に徐々に浸透していきています。

使うのに慣れてきたらいろいろなブランドを試してみるのもいいでしょう。

真っ黒になれるかで選ぶ

サンオイルは、どの程度日焼けしたいかによっても使い分けたいものです。

先程のSPFやPAの数値を参考にして選ぶのも一つの方法で、真っ黒になりたい場合はSPFは0(ゼロ)をおすすめします。

ただ、日焼け慣れしている人や肌が強い人以外は、急にSPF0を使うと強すぎて肌がやけどしてしまう可能性もあります。

SPF1〜4程度から始めると、肌への負担を減らしながらきれいな真っ黒を目指せます。

SPF2~4でもしっかり日焼けできるので安心して使いましょう。

サンオイルの使い方

サンオイルの選び方がわかったところで、実際の使い方についても見ていきましょう。

初心者におすすめの使い方

初心者におすすめの使い方としては、2時間程度の日焼けでサンオイルを使うやり方です。

紫外線量の多い午前10時から午後2時までの間だと効率的に日焼けできるでしょう。

終わったら必ずクールダウンをして肌のケアを行ってください。

軽めの日焼け止めを塗って、数日かけてジワジワ焼く方法でもきれいに焼けます。

肌への負担を考えて、少しずつ焦らずに焼いていくことを念頭においておきましょう。

顔に塗ってもいいの?

サンオイルは顔に塗っても問題ないように作られています。

ただ、顔の皮膚は体よりも薄く敏感なので、使い方を変えると良いでしょう。

保湿成分があるものを使うか、化粧水や乳液でしっかりと保湿してからサンオイルを塗ります。

キレイな日焼けを目指すために、軽く日焼け止めを塗っておくのも有効です。

慣れないうちは顔は1時間程度の日焼けから始めると、赤く炎症を起こすのを防げるでしょう。

サンオイルでシミを防げる?

サンオイルはシミの予防にはならないので注意してください。

というのも、サンオイルは、ほとんどが紫外線の中のUV-Bを予防できるSPFが配合されています。

肌のシワやシミの元となるのは、紫外線UV-Aの作用によるものなので、予防効果はほとんどないと考えましょう。

日焼けしたい、でも肌へのダメージをできるだけ抑えたい、という場合にこそサンオイルが活躍します。

肌の保湿などアフターケアでシワやシミの対策をすると効果的です。

サンオイルの背中への塗り方は?

サンオイルは顔や腕、足には塗れても背中は自分で塗りにくいですよね。

そんなときはスプレータイプがおすすめです。

逆さにしてもスプレーできるものなら、自分で背中に十分なスプレーを吹きかけることができます。

スプレーできていない場所があると、日焼けをいてもムラになってしまい台無しです。

肩の上からだけでなく、腰側の下からもスプレーして付け忘れがないように気をつけましょう。

メンズ用サンオイルおすすめ人気ランキング3選

ここからは、サンオイルの種類別のおすすめランキングを紹介していきます。

まずは、しっかり黒く焼けたいメンズ向けのおすすめです。

1位

ナジャペレーネ株式会社

ナジャペレーネ カリフォルニアタン レイジ

2,620円(税込)

公式サイトで詳細を見る

Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

ナジャペレーネ カリフォルニアタン レイジ

・欧米の定番人気ブランドで濃厚な日焼け肌に
「カリフォルニアタン レイジ」は、アメリカはカリフォルニア発のブランド。

ローションジェルタイプで塗りやすく、広い範囲にさっと塗るだけで効果が期待できます。

世界中にファンがいる定番人気ブランドの商品は、多くの人からのお墨付き。

日焼けした肌をさらに濃くしたい人も必ず満足できる使用感です。

ワンランク上の美しい小麦色を追及したい人にぜひ使ってもらいたい商品としておすすめします。

SPFPAタイプ香りウォータープルーフ内容量
記載なし記載なしジェルあり×130ml
2位

大正製薬株式会社

大正製薬 コパトーン タンニング ウォーター SPF2

1,650円(税込)

公式サイトで詳細を見る

Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

大正製薬 コパトーン タンニング ウォーター SPF2

・アロエベラエキス配合できれいな肌を目指す人に
「コパトーン タンニング ウォーター SPF2」はスプレータイプで広範囲に簡単に塗れるアイテムです。

日焼け肌をいたわる成分としてアロエベラエキスを配合しており、乾燥を防いでしっかり保湿ケアができます。

他にの、キャロットオイルなど、肌の炎症を抑える成分もしっかり使われており、安心して日焼けができます。

軽いココナッツの香りが、海外のビーチやリゾートを彷彿させ、気分も上がるはずです。

がっつり日焼けしたいけど、皮は剥きたくない人にもおすすめです。

SPFPAタイプ香りウォータープルーフ内容量
SPF2なしミストほんのりココナッツの香り×200ml
3位

ナジャペレーネ株式会社

ナジャペレーネ カリフォルニアタン マックスジェル

2,530円(税込)

公式サイトで詳細を見る

Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

ナジャペレーネ カリフォルニアタン マックスジェル

・西海岸を代表するサンタンニングブランド
「カリフォルニアタン マックスジェル」は、焼き始めに使いやすいタイプです。

ジェルベースで伸びが良く、強い香りもなくて初心者でも使いやすいと高い評価を受けています。

肌への負担を軽減して、潤いを与えて柔らかく保ち、すべすべの美しい小麦色に仕上げられます。

こんがりとした肌色より、マイルドな感じに仕上げたい人にもおすすめです。そのためこれから日焼けを始めようという方におすすめです。

SPFPAタイプ香りウォータープルーフ内容量
記載なし記載なしオイルあり×130ml

レディース用サンオイルおすすめ人気ランキング3選

つづいて、レディース用のおすすめサンオイルの紹介です。

香りやテクスチャ、保湿成分などに注目すると良いでしょう。

1位

大正製薬株式会社

大正製薬 コパトーン トロピカル サンドフリー ハワイ

1,650円(税込)

公式サイトで詳細を見る

Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

大正製薬 コパトーン トロピカル サンドフリー ハワイ

・気分から夏を満喫したいときに
定番人気ブランド「コパトーン」のトロピカルサンドフリーハワイは、珍しいドライタイプのサンオイルです。

サンドフリーという名前は、ベタつかないので砂の上で使っても砂が肌につきにくいことを意味しています。

SPF2でそこまでハードに焼けない程度なので、初めてでも安心して使用できるでしょう。

ハワイをイメージしたココナッツの香りで気分は常夏です。

SPFPAタイプ香りウォータープルーフ内容量
SPF2なしオイルトロピカルなハワイココナッツの香り×120ml
2位

株式会社ジェーディービーネットワーク

ブラックコング ダークタンニングオイル

1,650円(税込)

公式サイトで詳細を見る

Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

ブラックコング ダークタンニングオイル

・今シーズン初めてのタンに最適
「ブラックコング ダークタンニングオイル」は、SPF4のサンオイルです。

がっつり日焼けしたい場合よりも、今シーズン初めての日焼けでこれから慣らしていきたい人向けといえます。

キャロットオイルやカミツレ花エキスなどの保湿成分も配合しており、肌にやさしいタイプです。

オイルですがベタつかず、さらっとしたつけ心地で使いやすいでしょう。

SPFPAタイプ香りウォータープルーフ内容量
SPF4なしオイル記載なし記載なし180ml
3位

株式会社ヒューマンクラッチ

アマティアスライオンブルー フレグランスインサンオイル

1,320円(税込)

公式サイトで詳細を見る

Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

アマティアスライオンブルー フレグランスインサンオイル

・サンオイルとフレグランスが一度で◎
「アマティアスライオンブルー フレグランスインサンオイル」は、フレグランスとサンオイルの2役を果たすアイテムです。

レモンやグリーンなど男女兼用で使える爽やかなアクアマリン系の香りで、フレグランスを改めてつける必要なし。

旅行などシーンを問わずに活躍するでしょう。

SPF1なので、しっかり日焼けしたい人も満足の使い心地です。

SPFPAタイプ香りウォータープルーフ内容量
SPF1なしオイルアクアマリン系記載なし150ml

薬局で買えるサンオイルおすすめ人気ランキング3選

薬局やドラッグストアで買えるサンオイルをピックアップしました。

急に思い立ったときにすぐ買いに行ける市販サンオイルのおすすめです。

1位

株式会社近江兄弟社

近江兄弟社 メンターム サンベアーズ サンタンローションSPF4

789円(税込)

公式サイトで詳細を見る

Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

近江兄弟社 メンターム サンベアーズ サンタンローションSPF4

・手軽に買って試せる初心者向けアイテム
「メンターム サンベアーズ サンタンローションSPF4」は、近江兄弟社から出ているローションタイプのサンオイルです。

汗や水に強いウォータープルーフ処方なので、強い紫外線を浴び続けるレジャーやビーチでもきれいな日焼けができます。

アロエエキス配合で、肌に潤いを与えてくれるため、過度の乾燥を防いでくれます。

ムラのない小麦肌を目指すのにおすすめのアイテムです。

SPFPAタイプ香りウォータープルーフ内容量
SPF4なしローション記載なし100ml
2位

大正製薬株式会社

大正製薬 コパトーン ゴールデンタン オイルフリーローションSPF4

1,650円(税込)

公式サイトで詳細を見る

Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

大正製薬 コパトーン ゴールデンタン オイルフリーローションSPF4

・汗に強いウォータープルーフタイプ
「コパトーン ゴールデンタン オイルフリーローションSPF4」は、日焼け止め効果が高めのSPF4タイプです。

汗や水に強いウォータープルーフ処方で、夏の海水浴やプールリゾートも安心して楽しめます。

実際に行けなくても、さわやかな香りがかすかに香ってリゾート気分になれるでしょう。

長時間強い日差しを浴び続けるスポーツ観戦や、アウトドアレジャーなどにもおすすめです。

SPFPAタイプ香りウォータープルーフ内容量
SPF4なしローションリゾート気分のさわやかな香り120ml
3位

大正製薬株式会社

大正製薬 コパトーン タンニングウォーターSPF4

1,650円(税込)

公式サイトで詳細を見る

Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

大正製薬 コパトーン タンニングウォーターSPF4

・髪にも使えるスプレータイプで肌ダメージを軽減
「コパトーン タンニングウォーターSPF4」は、さらさらとしたウォーターベースのミストタイプです。

背中や足など広い範囲にさっと塗れて、一人での日焼けにマストなアイテムといえるでしょう。

SPF4と日焼けに慣れていない人でも取り入れやすく、明るい小麦肌を作れます。

髪の毛や頭皮の紫外線対策として振りかける使い方もおすすめです。

SPFPAタイプ香りウォータープルーフ内容量
SPF4なしミストほんのりココナッツの香り×200ml

海外のサンオイルおすすめ人気ランキング3選

海外は日本よりも日焼けがメジャーであり、人気のサンオイルも数多く揃っています。

日本国内では珍しい商品もありますよ。

1位

ナジャペレーネ株式会社

オーストラリアンゴールド ダークタンニングオイル

1,980円(税込)

公式サイトで詳細を見る

Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

オーストラリアンゴールド ダークタンニングオイル

・世界的なブランドの人気アイテム
「オーストラリアンゴールド ダークタンニングオイル」は、世界的に評価されているサンオイルブランドです。

SPFもPSもゼロなので、しっかり黒く輝く肌を作り上げたい人におすすめします。

植物エキスやビタミンEなど肌を守る成分も配合されており、美肌を目指せます。

やや強めの香りで南国気分を満喫しながら、輝く小麦色の肌を手に入れましょう。

SPFPAタイプ香りウォータープルーフ内容量
SPF0なしオイルバケーションフレグランス×237ml
2位

インターナショナルコスメティックス株式会社

インターナショナルコスメティックス アグリーサーフ サンオイル SPF2

1,480円(税込)

公式サイトで詳細を見る

Amazonで詳細を見る

インターナショナルコスメティックス アグリーサーフ サンオイル SPF2

・爽やかな香りが続くロングセラー商品
「インターナショナルコスメティックス アグリーサーフ サンオイル SPF2」は、カリフォルニア生まれのロングセラーアイテムです。

サーファー御用達といわれるこちら、爽やかなウッディムスクの香りが海外商品ならではの特徴でもあります。

肌への負担を軽くするため、シリコンやパラベンはフリーなので肌に優しい点も魅力です。

SPF2のほかにSPF4タイプもあり、女性や肌が弱い人もしっかり日焼けを楽しむことができます。

SPFPAタイプ香りウォータープルーフ内容量
SPF2なしオイルウッディムスクの香り×140ml
3位

ナジャペレーネ株式会社

ナジャペレーネ カリフォルニアタン ヒーリックス

9,900円(税込)

公式サイトで詳細を見る

Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

ナジャペレーネ カリフォルニアタン ヒーリックス

・さらに濃く黒さを極めたい人へ
「ナジャペレーネ カリフォルニアタン ヒーリックス」は、とにかく黒くて均一な肌を目指したい人におすすめのハイグレードサンオイルです。

しっかり焼けるSPFとPAゼロ仕様で、日サロでの使用にも適しています。

いかに濃くキレイに日焼けできるかにこだわって開発されており、とにかく濃厚な日焼けを望む人向けです。

贅沢なサンオイルは、どんな肌もゴージャスなゴールデン肌へ導いてくれるでしょう。

SPFPAタイプ香りウォータープルーフ内容量
記載なし記載なしオイルあり×250ml

オーガニックサンオイルのおすすめ人気ランキング3選

最後に、オーガニックタイプのサンオイルを見てみましょう。

刺激のある成分や自然に影響のある成分を使っていない、ナチュラル派商品です。

1位

株式会社クロイスターズ(CLOISTERS CO.,LTD.)

ブリサ マリーナ アスリートプロ サンオイルスプレー

2,310円(税込)

公式サイトで詳細を見る

Amazonで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

ブリサ マリーナ アスリートプロ サンオイルスプレー

・髪にも使用できるサンオイルスプレー
「ブリサ マリーナ アスリートプロ サンオイルスプレー」は、オーガニック成分と保湿成分が配合されたサンオイルです。

SPF2のスプレータイプで、逆さでも使えるため、塗りムラなく日焼けができます。

スプレー後はサラサラして砂もつきにくく、顔から全身、髪の毛までに使えます。

商品は宮古島のサンゴ礁保全活動に還元されている点も大きな魅力です。

SPFPAタイプ香りウォータープルーフ内容量
SPF2なしスプレー香料不使用130g
2位

株式会社 ジョージオリバー

アルバ・ボタニカ サンレスタンニングローション

961円(税込)

公式サイトで詳細を見る

楽天市場で詳細を見る

アルバ・ボタニカ サンレスタンニングローション

・オーガニック認証成分を配合
「アルバ・ボタニカ サンレスタンニングローション」は、オーガニック認証成分を使ったサンオイルです。

植物性成分も多く含んでおり肌に優しく、肌トラブルの心配もないでしょう。

オーガニックにこだわっている人も納得して使えるはずです。

塗るだけで自然な褐色の肌を手にしたい人におすすめします。

SPFPAタイプ香りウォータープルーフ内容量
記載なし記載なしローション記載なし記載なし113g
3位

Bali Body

バリボディパイナップルタンニングオイルSPF6

4,563円(税込)

公式サイトで詳細を見る

バリボディパイナップルタンニングオイルSPF6

・海外の美女がこぞって愛用するヒット商品
「バリボディパイナップルタンニングオイルSPF6」は、ハワイのセレクトショップなどにも置いてある注目アイテムです。

オーストラリアのメルボルン発ビーガンベースで天然由来成分を使うスキンケア会社が開発しました。

アトピー性皮膚炎などのトラブルで悩んでいた開発者の女性が、肌のコンディションを改善するために試行錯誤した結果、生み出されたのがこちらのオイルです。

100%天然オーガニック原料のみを使用、刺激のある成分は一切使われていません。

SPFPAタイプ香りウォータープルーフ内容量
SPF4なしミストほんのりココナッツの香り×200ml

人気サンオイルの検証結果比較表

商品名価格SPFPAタイプ香りウォータープルーフ内容量
大正製薬 コパトーン ゴールデンタン オイルフリーローションSPF41,650円
(税込)
SPF4なしローションリゾート気分のさわやかな香り120ml
近江兄弟社 メンターム サンベアーズ サンタンローションSPF4789円
(税込)
SPF4なしローション記載なし100ml
ナジャペレーネ カリフォルニアタン レイジ2,620円
(税込)
記載なし記載なしジェルあり×130ml
オーストラリアンゴールド ダークタンニングオイル1,980円
(税込)
SPF0なしオイルバケーションフレグランス×237ml
大正製薬 コパトーン タンニングウォーターSPF41,650円
(税込)
SPF4なしミストほんのりココナッツの香り×200ml
ブラックコング ダークタンニングオイル1,650円
(税込)
SPF4なしオイル記載なし記載なし180ml
大正製薬 コパトーン トロピカル サンドフリー ハワイ1,650円
(税込)
SPF2なしオイルトロピカルなハワイココナッツの香り×120ml
インターナショナルコスメティックス アグリーサーフ サンオイル SPF21,480円
(税込)
SPF2なしオイルウッディムスクの香り×140ml
大正製薬 コパトーン タンニング ウォーター SPF21,650円
(税込)
SPF2なしミストほんのりココナッツの香り×200ml
ナジャペレーネ カリフォルニアタン マックスジェル2,530円
(税込)
記載なし記載なしオイルあり×130ml
アマティアスライオンブルー フレグランスインサンオイル1,320円
(税込)
SPF1なしオイルアクアマリン系記載なし150ml
ナジャペレーネ カリフォルニアタン ヒーリックス9,900円
(税込)
記載なし記載なしオイルあり×250ml
ブリサ マリーナ アスリートプロ サンオイルスプレー2,310円
(税込)
SPF2なしスプレー香料不使用130g
アルバ・ボタニカ サンレスタンニングローション961円
(税込)
記載なし記載なしローション記載なし記載なし113g
バリボディパイナップルタンニングオイルSPF64,563円
(税込)
SPF4なしミストほんのりココナッツの香り×200ml

タンニングマシンオイルとは?おすすめは?

タンニングマシンオイルとは、日焼けマシンで使う専用のオイルのことです。

タンニングマシンは、いつでも日焼けができる便利な機械ですが、マシンから出てくる光線と太陽光は異なります。

そのため、同じオイルを使っていると肌に負担がかかりシミなどの原因にもなりかねません。

日焼けマシンを利用する際は、タンニングマシン専用のオイルを使うよう徹底しましょう。

多くの日焼けマシンが使える施設や店舗で用意されているはずなので、事前にスタッフに相談してみてください。

サンオイルの代用になるものはある?

サンオイルが手元にないときなど、代用として使えるものがないか気になる人もいるでしょう。

口コミなどで人気なのが、サンオイルの代わりにニベアクリームを使う方法です。

青い定番のクリームの他、さらりとしたタイプの白いニベアも有効とされています。

ただ、ニベアクリームに含まれる油分によって肌が焼けるというのが実情です。

サンオイルで失敗した経験がある人は試してみたくなるかもしれませんが、きれいに日焼けした肌を手に入れるためにはサンオイルが良いでしょう。

サンオイルと日焼け止めの違いは?

サンオイルは、ムラなく日焼けをするためのアイテムです。

一方で、日焼け止めは日焼けをしないために紫外線の影響を肌の上でブロックしてくれるものです。

サンオイルにもSPFやPAといった紫外線の影響を防ぐ作用が含まれていはいますが、日焼け止めほどは効果が期待できません。

肌への負担を軽減しながら、きれいに焼けた肌に仕上げたい場合はサンオイルを使いましょう。

日焼けを避けて、白い肌をキープしたい場合は日焼け止めを選んでください。

まとめ

今回は売れ筋のサンオイルの中から厳選してランキングしました。日焼けして健康的に見せたいという人から、しっかり焼いてブロンズの肌を自慢したいという人まで、目的はさまざまです。

大切なのは肌をしっかり守りながら日焼けすることと、アフターケアです。自分にピッタリのサンオイルを見つけて、日焼けもっとエンジョイしましょう!

美容健康 人気記事ランキング

メニューを閉じる×
カテゴリーアイコン
ビジネス
カテゴリーアイコン
ファッション
カテゴリーアイコン
医療・介護
カテゴリーアイコン
冠婚葬祭
カテゴリーアイコン
教育・子育て
カテゴリーアイコン
金融
カテゴリーアイコン
公共
カテゴリーアイコン
自動車・バイク
カテゴリーアイコン
趣味
カテゴリーアイコン
住宅
カテゴリーアイコン
電子機器・インターネット
カテゴリーアイコン
美容健康
カテゴリーアイコン
暮らし
カテゴリーアイコン
恋愛